ストレングス・ファインダー


これ、かなり当たっていてビックリです。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす


主旨としては、弱みの克服ではなく、強みを土台にした人生を築き上げようというものです。
いくら弱点を克服することに血眼になっても、卓越した結果は得られない。せいぜい平均値に引き上げられるのが関の山。下手すると、消耗するばかりで燃え尽きてしまう可能性がある。
それよりも、一人一人が自分の天賦の才、つまり、自分の資質を理解し、その資質に集中投資していく。自分のいくつかある主要な資質を組み合わせることでしか卓越した成果をあげることはできないということです。

これ、激しく同意です。
長所を引っ張る短所は克服するか、長所の足を引っ張らない程度に修正するかのどちらかが必要だと思いますが、ただ短所を強化しても大したモノにはならないし、しんどいだけ。不毛な行為です。
長所、もっというと個人の才能ってのは、かぶる部分はあっても、その組み合わせは1人1人全く違うものになります。だったら、持っているモノを活かして仕事につなげる方が、間違いなく最短最速確実に卓越した成果を得られるはず。そういう信念のもと、コンサルティングを行っていますので、一過性のビジネスモデルに個人を当てはめるのは愚の骨頂だと思っていますので、一切やりません。

さて、この本では、過去30年にわたり、200万人以上の人たちにインタビューした結果、導きだされた資質が、34のパターンにまとめられています。サービスとして、ストレングス・ファインダーの診断がついています。サイトにアクセスし、この本の巻末についているパスコードを入力すると診断が受けられますが、パスコードは一冊ごとに割り当てられていますので、中古で購入すると受けられない可能性があります。それは結構もったいないので、購入するなら新品で購入されることをおすすめします。(回し者じゃありません)


唐木の5つの資質。

さて、診断の結果、唐木の主要な「5つの資質」は以下のものでした。
プロフィールに添えて掲載しておきます。

1.個別化
2,最上志向
3.慎重さ
4.未来志向
5.親密性

1.個別化
あなたは個別化という資質により、一人ひとりが持つユニークな個性に興味をひかれます。あなたは一人ひとりの何が特別でどこが個性的なのかを覆い隠したくないので、人を一般化したり、あるいは類型化することに我慢できません。むしろ、個人個人の違いに注目します。あなたは本能的にそれぞれの人の性格、動機、考え方、関係の築き方を観察しています。あなたはそれぞれの人生における、その人にしかない物語を理解します。この資質によって、あなたは、あなたの友達にぴったりの誕生日プレゼントを選んだり、ある人は人前で誉められることを好み別の人はそれを嫌うことを分かったり、一から十まで説明して欲しい人と、一を示せば十を知る人とに合わせて、教え方を調整できたりするのです。あなたは他の人の強みをとても鋭く観察する人なので、一人ひとりの最も良いところを引き出すことができます。この個別化という資質は、あなたが生産性の高いチームを作ることにも役立ちます。完璧なチームを作りに当たり、チームの「組織構造」や「作業手順」に着目する人もいますが、あなたは優秀なチーム作りの秘訣は、各自が得意なことを充分にできるような、強みに基づく配役である、ということを本能的に知っています。

コンサルティングでも一番大事にしている法則のようなものがありまして、それは、1:1.6:1.6²の法則というものです。これは「実行する人の意思や姿勢と効果効率といった結果の因果関係を示した法則」です。
ひらたくいうと、
1は、他人から言われて嫌々、仕方なしに取り組んだときの効果効率。
1.6は、他人から言われたことでも、自分で納得して取り組んだときの効果効率。
1.6²は、他人から言われるのではなく、自ら進んで楽しんで取り組んだときの効果効率。
なので、楽しんで得意なことに喜々として取り組んだ方が圧倒的に結果が出やすいということです。これは自分でもコンサルでも強く実感している部分であり、コンサルの根幹でもありますので、数ある資質の中でこれが一番に来るのはうれしいですね。



2.最上志向

優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。生まれついての優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。このように、この自然に長所を見分ける力は、他の人から人を区別していると見られるかもしれません。あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。同じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。その方が楽しく、実りも多いのです。そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

守破離という言葉がありますが、これは大事なことだと思います。
最初に型を学ぶ。身につける。型を身につけないままオリジナルを追究しても、それは型破りではなく、ただの型なし。基本は大事だということです。
しかし、基本を大事にすることと、型にあてはめることは違う気がします。昔からどうも「自分の型にはめようとする人」って、どうも苦手なんですよね。個別化と同じく、持って生まれたモノを最大限に発揮する方が楽しいじゃないですか。それに、貧乏性なのか、せっかく持って生まれたモノがあるんだから、最大限に発揮して使い切ってこの世を去りたいと思いますね。なので、これも同感。



3.慎重さ

あなたは用心深く、決して油断しません。あなたは自分のことをあまり話しません。あなたは世の中が予測できない場所であることを知っています。すべてが秩序正しいように見えますが、表面下には数多くの危険が待ちかまえていることを感じ取っています。あなたはこれらの危険を否定するよりは、一つひとつを表面に引き出します。そうして、危険はひとつずつ特定され、評価され、最終的に減っていきます。いうなれば、あなたは毎日の生活を注意深く送る、かなりまじめな人です。例えば、何かが上手くいかない場合に備えて、あらかじめ計画を立てることを好みます。あなたは友人を慎重に選び、会話が個人的な話題になると、自分のことについては話しをせず、自分自身で考えることを好みます。誤解されないように、過度に誉めたり認めたりしないように気をつけます。人になかなか打ち解けないという理由で、あなたを嫌う人がいても気にしません。あなたにとって、人生は人気コンテストではないのです。人生は地雷原を歩くようなものです。そうすることを望むならば、他の人は用心せずにこの地雷原を駆け抜けるかもしれません。しかし、あなたは違う方法をとります。あなたは危険を明確にし、その危険が及ぼす影響を推し量り、それから慎重に一歩ずつ踏み出します。あなたは細心の注意を払って進みます。

これも強く実感がありますね。個人的にはこの資質を「消極性」と捉えていて、結構マイナスに捉えていました。
長所と短所は裏返しなわけですから、消極的であるということは慎重であるとも言えますね。おそらく、毎日小さなリスクを取ることをシステム化することで、マイナスの意味を持たせている「消極性」から、プラスの意味合いが強い「慎重さ」の領域に軸足を移せて行けるのではと思います。


4.未来志向

「もし・・・だったら、どんなに素晴らしいだろうなぁ」と、あなたは水平線の向こうを目を細めて見つめることを愛するタイプの人です。未来はあなたを魅了します。まるで壁に投影された映像のように、あなたには未来に待ち受けているかもしれないものが細かいところまで見えます。この細かく描かれた情景は、あなたを明日という未来に引き寄せ続けます。この情景の具体的な内容――より品質の高い製品、より優れたチーム、より良い生活、あるいはより良い世界――は、あなたの他の資質や興味によって決まりますが、それはいつでもあなたを鼓舞するでしょう。あなたは、未来に何ができるかというビジョンが見え、それを心に抱き続ける夢想家です。現在があまりにも失望感をもたらし、周囲の人々があまりにも現実的であることが分かった時、あなたは未来のビジョンをたちまち目の前に呼び起こします。それがあなたにエネルギーを与えてくれます。それは、他の人にもエネルギーを与えます。事実、あなたが未来のビジョンを目に浮かぶように話すのを、人々はいつでも期待します。彼らは自分たちの視野を広げ、精神を高揚させることができる絵を求めています。あなたは彼らのためにその絵を描くことができます。描いてあげなさい。言葉を慎重に選びなさい。できる限りその絵を生き生きと描きなさい。人々はあなたが持ちこんで来る希望につかまりたくなるでしょう。

確かに、妄想が好きです(笑)。
企画を含めた妄想は好きですし、他に思い当たるのは「過去のことをダラダラ話すのは嫌い」という点ですかね。人によっては「あんときあーだったよなぁー」という昔ネタをお決まりのように話す人がいますが、それはあまり好きじゃないですね。
昔ネタでも、何らかの生産性につながるものであればOKですが。
ま、面白い企画についてアイデアを出し合ったりするのは非常に楽しいので、この資質も同意ですね。


5.親密性

親密性という資質は、あなたの人間関係に対する姿勢を説明します。 簡単に言えば、親密性という資質によって、あなたは既に知っている人々とより深い関係を結ぶ方向に引き寄せられます。あなたは必ずしも未知の人たちと出会うことを避けているわけではありません――事実、知らない人と友人になるスリルを楽しむような他の資質を、あなたは持っているかもしれないのです――しかし、あなたは親しい友人のそばにいてこそ、大きな喜びと力を得るのです。あなたは親密であることに心地よさを感じます。一旦最初の関係ができあがると、あなたは積極的にその関係をさらに深めようとします。あなたは彼らの感情、目標、不安、夢を深く理解したいと思っています。そして、彼らにもあなたを深く理解してもらいたいと願っています。あなたは、このような親密さがある程度の危険性を含んでいることを知っています――あなたは利用されるかもしれないのです――しかし、あなたはその危険性を解かった上で受け入れます。あなたにとって人間関係は、それが本物である時のみ価値を持ちます。そして、それが本物であるかどうかを知る唯一の方法は、相手に身を委ねることです。互いの気持ちを共有すればする程、お互いの危険性も大きくなります。お互いの危険性が大きくなればなる程、自分たちの意思が本物であることを、よりはっきりと証明できるのです。これらが真の友情を築き上げるための一つひとつのステップであり、あなたはそのステップを喜んで進んで行きます。

これは「慎重さ」や「個別化」の資質とよく絡み合っていると思います。
昔、上司に「唐木、オマエは異動する時になってようやくチームに馴染むなぁ」と、半ばイヤミ(笑)を言われたことがあります。初対面の人と接する際は特に慎重で、よくも悪くもかなり相手のことを見てしまい、勝手に判断しています。誰とでもすぐに仲良くなれる人を見るとうらやましいとは思いますが、まぁ、僕には出来ないですね。
そのかわり、親しい人やお世話になった人には全力を尽くしたいなぁとは、いつも思っていますけどね。
なので、これもアタリ。


くり返しますが、この診断は、一冊一冊にI割り当てられているパスコードをつかって受けることができます。ですから、中古で買ってしまうとテストが受けられない可能性が高いです。
診断を受ければ新品を購入されることをおすすめします。
せっかくですから、受けてみると面白いですよ。


投稿日:

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

ソーシャルメディア