人事・労務の玉手箱掲載原稿 2012年度掲載

記憶に粘着する会議、しない会議。

投稿日:2012年8月30日 更新日:


打ち合せを何度も行っていると、内容を覚えている打ち合せとそうでない打ち合せがあることに気がつきます。一体、その違いは何なのでしょうか?

ひとつ、話を聴く、伝えられる側からその違いを見ていきます。私の場合、記憶に粘着し、しっかり内容を覚えている打ち合せには、以下の3つの特徴があります。

(記憶に定着する打ち合せ、3つのポイント)————————-

1.真剣に聴いている
すごく当たり前のことです。いつも真剣は真剣ですが、記憶に残るときは集中力が違います。“本当に1字1句逃すまいと”聴けているかどうか。基本的なことで大事なことです。

2.メモはほどほどに
書くことが目的にならないということ。書くことが目的になると、「書いて後で見直そう」という意識になります。すると、内容の理解から焦点がずれます。すると、記憶に残りにくい。ですから、ほどほどのペースで、相手にあわせられるよう、メモをキーワードにできるように努力するなど、工夫することです。

3.頭の中に写真で残る工夫
これは結果論かもしれません。ですが、記憶に粘着している出来事は、その周りの風景を含めた“五感で感じるもの”もセットで記憶されています。ですから、リラックスできる空間や、オフィスではなくいつもと違う場所で打ち合わせるなど、最適な場面に変更することも、時には必要なのです。


こうすればダラダラしない、密度の高い打ち合せが可能です。どれか1つでも、導入してみてください。

-人事・労務の玉手箱掲載原稿, 2012年度掲載

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バスカーのようにスキルを組み合わせよう。

バスカーという職業をご存知ですか? バスカーとは、大道芸人の意味です。 オーストラリアのメルボルンでは、世界の中でも大道芸人の職業としての地位が確立している地域だといえます。なぜなら、大道芸人であるバ …

時には「ハッタリ」が大事なワケ。

最近はあまりビジネス書を読まないのですが、これは琴線に触れる部分が多かった。「不格好経営」、株式会社DeNAの創業者、難波智子さんの本です。この本ではDeNAさんの創業から現在までのストーリーが難波さ …

社員には指示すべき?それとも任せるべき?

前回のコラムで、「1から10までを指示しても思いがけない成果は出ない」という内容をお話ししました。そうなると、「1から10まで指示をするとろくな結果にならないなら、指示をせず、社員に任せっきりにした方 …

なぜ、マニュアルは定着しないのか?

  目次1 ・マニュアルが効果を発揮するケース2 ・マニュアルを業績につなげる3つのポイント2.1 1.「前提」を整えること2.2 2.参加型の「プロセス」に仕立て上げること2.3 3.「検 …

ビジネスにおける「仕組み化」の定義って何か考えてみた。

なんとなくわかっているようでわかっていない言葉ってありますよね? 「仕組み化」という言葉も、そんな言葉の中の1つではないでしょうか。今回はこんなエピソードをもとに、「仕組み化」という言葉に少し触れてみ …

アーカイブ

ソーシャルメディア