人事・労務の玉手箱掲載原稿 2012年度掲載

周回遅れの販促をしてみよう

投稿日:2012年9月30日 更新日:


自宅の郵便受けに、分譲マンションの DM が入っていました。

いつもなら即、ゴミ箱行きなのですが、今回ばかりは手に取り、部屋に持ち帰ってしまいました。なぜなら、透明封筒に入った DM には、こんなことが書いてあったからです。

「ラッキーペンシル」は、削らずに、マンションギャラリーへお持ち下さい。

そうなんです。
この DM には“ラッキーペンシル”なるものが入っているのです。

わたしにとってはこれは懐かしい販促手法。新卒で入ったコンサルティング会社で、イベントの集客手段としてよく使われていたものです。販促会社のカタログにも掲載されています。

これは、イベント会場でその鉛筆を削り、出た色によって当たる景品が異なるという、いわばくじのようなものです。もちろん、“削らずに”持ってこなければ無効です。集客になりませんからね。

こういう昔ながらの販促手法、最近は見なくなってきました。

WEB やら twitter やらスマホやら、新しい販促ツールがどんどん出てきます。人は、「新しいもの=便利で効果的なもの」と判断しやすい傾向にあります。ですから、新しい手段に流れます。すると、逆サイドが空きます。それは、昔ながらのアナログなやり方だったりします。

集客のヒントは、意外に昔の販促本にヒントがあるかもしれません。

-人事・労務の玉手箱掲載原稿, 2012年度掲載

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたの会社の「基本ルール」は何ですか?

今月は相次いでご縁をいただき、九州の繁盛店を視察させていただく機会に恵まれました。 一件目は、ある地域一番の美容室さんを見学。 こちらは、全国的に見ても相当に高い生産性を誇っておられます。単店の売上は …

使い古された販促手法シリーズ【戸別訪問】

  こんにちは。唐木です。   この玉手箱連載や私のブログ(唐木芳和のココだけの話)などでもよく言っていることがいくつかありまして、その1つに、「使い古された販促手法の方が効果的な …

職場での共同体験が大事なワケ。

先日、「三河湾チャリティー 100km歩け歩け大会」というものに出ました。文字通り100kmを歩く大会です。 毎度、前職の仲間と参加しているこの大会。今回で私はもう3回目の出場なのですが、前2回は途中 …

面倒なことに積極的ですか?

クライアントの年1回の合宿でのこと。ある車屋さんで伺ったお話の中で、興味深い一節がありました。 それは、「レンタカーの売上比率が上がっている」というものです。 もちろん、わたしが全体の売上や取扱品目の …

時には「ハッタリ」が大事なワケ。

最近はあまりビジネス書を読まないのですが、これは琴線に触れる部分が多かった。「不格好経営」、株式会社DeNAの創業者、難波智子さんの本です。この本ではDeNAさんの創業から現在までのストーリーが難波さ …

アーカイブ

ソーシャルメディア