人事・労務の玉手箱掲載原稿 2012年度掲載

周回遅れの販促をしてみよう

投稿日:2012年9月30日 更新日:


自宅の郵便受けに、分譲マンションの DM が入っていました。

いつもなら即、ゴミ箱行きなのですが、今回ばかりは手に取り、部屋に持ち帰ってしまいました。なぜなら、透明封筒に入った DM には、こんなことが書いてあったからです。

「ラッキーペンシル」は、削らずに、マンションギャラリーへお持ち下さい。

そうなんです。
この DM には“ラッキーペンシル”なるものが入っているのです。

わたしにとってはこれは懐かしい販促手法。新卒で入ったコンサルティング会社で、イベントの集客手段としてよく使われていたものです。販促会社のカタログにも掲載されています。

これは、イベント会場でその鉛筆を削り、出た色によって当たる景品が異なるという、いわばくじのようなものです。もちろん、“削らずに”持ってこなければ無効です。集客になりませんからね。

こういう昔ながらの販促手法、最近は見なくなってきました。

WEB やら twitter やらスマホやら、新しい販促ツールがどんどん出てきます。人は、「新しいもの=便利で効果的なもの」と判断しやすい傾向にあります。ですから、新しい手段に流れます。すると、逆サイドが空きます。それは、昔ながらのアナログなやり方だったりします。

集客のヒントは、意外に昔の販促本にヒントがあるかもしれません。

-人事・労務の玉手箱掲載原稿, 2012年度掲載

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

使い古された販促手法シリーズ【戸別訪問】

  こんにちは。唐木です。   この玉手箱連載や私のブログ(唐木芳和のココだけの話)などでもよく言っていることがいくつかありまして、その1つに、「使い古された販促手法の方が効果的な …

バスカーのようにスキルを組み合わせよう。

バスカーという職業をご存知ですか? バスカーとは、大道芸人の意味です。 オーストラリアのメルボルンでは、世界の中でも大道芸人の職業としての地位が確立している地域だといえます。なぜなら、大道芸人であるバ …

社員には指示すべき?それとも任せるべき?

前回のコラムで、「1から10までを指示しても思いがけない成果は出ない」という内容をお話ししました。そうなると、「1から10まで指示をするとろくな結果にならないなら、指示をせず、社員に任せっきりにした方 …

チームメンバーを理解する場をつくっていますか?

先日、TV をつけると、たまたま NHK の特報首都圏という番組が放映されていました。この回のテーマは、「“ストレス爆発”をどう防ぐ」というもの。 この手のテーマは、いつの時代も変わらずあるような気が …

ビジネスにおける「仕組み化」の定義って何か考えてみた。

なんとなくわかっているようでわかっていない言葉ってありますよね? 「仕組み化」という言葉も、そんな言葉の中の1つではないでしょうか。今回はこんなエピソードをもとに、「仕組み化」という言葉に少し触れてみ …

アーカイブ

ソーシャルメディア