人事・労務の玉手箱掲載原稿 2012年度掲載

これからはより“素人発想の時代”に。

投稿日:2012年12月30日 更新日:


岡山のローカルチェーン薬局に、ZAGZAG さんがあります。

岡山でナンバーワンの薬局チェーンですが、普通の薬局にあって、ZAGZAG さんにないものがあります。それは何だと思いますか?

それは、“薬剤師”の存在です。

薬局は処方箋を取り扱っているお店もありますから、薬剤師がいるのが普通です。ですが、ZAGZAG さんは薬剤師を抱えないまま展開し、岡山でナンバーワンのチェーンになったのです。ただし、今は TVCM などを使い、薬剤師をドンドン、募集していますけどね。

ここに大事なキーワードが存在します。
それは「素人」というキーワードです。
ここでは「業界の常識にとらわれない」というニュアンスです。

ZAGZAG さんのケースは、業界の常識に染まっていたらスピード展開は出来なかったことでしょう。(地方で薬剤師はなかなか集まらないのです)

ここで自問自答していただきたいのは、「その業界の常識、本当ですか?」という質問。これを自分自身に投げかけてほしいのです。

「よそはこんなことしていないから…」
「これはウチの業界では常識だから…」
「これはウチの店では長年やってきたことだから…」

はっきり言いますが、そんなものどうでもいいのです。

今は想像以上に変化の激しい時代。もちろん、変えることが必ずしもよいこととは限りません。ですが、選択の基準が「これまでの業界常識」になっていたら、発展のチャンスを逃している可能性もあるのです。今一度、「その業界の常識、本当ですか?」と、自問自答してみましょう。

これからは、あなたの専門性に“素人発想を掛け合わせる時代”です。

※薬局での薬剤師の有無に関する情報は、掲載当時の情報のまま本サイトにも掲載しております。予めご理解いただければと思います。

-人事・労務の玉手箱掲載原稿, 2012年度掲載

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自社メディア次第で「小が大を制せる」時代。

小が大を制せる時代。 制するというよりも、より「弱者の兵法」が使いやすくなった時代。 資本に頼らないやり方に目を向ければ、活路は見えやすくなってきている。最近のFacebookをはじめとするSNSやY …

記憶に粘着する会議、しない会議。

打ち合せを何度も行っていると、内容を覚えている打ち合せとそうでない打ち合せがあることに気がつきます。一体、その違いは何なのでしょうか? ひとつ、話を聴く、伝えられる側からその違いを見ていきます。私の場 …

販促手法に煮詰まったときに考えるべきこと。

つい先日、デイサービス業のクライアントで“健康相談フェア”なるものを開催しました。今日はそのびっくり事例のお話です。「デイサービスなら、ウチの商売には関係ない」と思わず、ちょっとばかりお付き合いくださ …

やっぱり販促しないことはかなりの機会損失な件

あなたが持っている、あなたの会社の大切な商品の数々。 きっといいものに違いないんでしょうけど、そのよさを伝えないことは、やっぱり機会損失なわけです。つまり、人によって会社によって、形は違えど販促は必要 …

同業他社のサービスを受けていますか?

深夜0:32。 部屋に携帯電話のバイブ音が鳴り響きます。1件が終わると、また1件。それが終わると、メール着信のバイブ音。隣の部屋では身重の母親と子どもが寝静まっています。次の朝、携帯電話を確認すると、 …

アーカイブ

ソーシャルメディア