人事・労務の玉手箱掲載原稿 2013年度掲載

面倒なことに積極的ですか?

投稿日:2013年1月30日 更新日:


クライアントの年1回の合宿でのこと。ある車屋さんで伺ったお話の中で、興味深い一節がありました。

それは、「レンタカーの売上比率が上がっている」というものです。

もちろん、わたしが全体の売上や取扱品目の各構成比、各商品の粗利バランスなどを把握しているわけではありませんから、一概にいいとは言い切れません。
加えて誤解いただきたくないのですが、何も“レンタルが商売としていい”ということを言っているわけでもありません。

話には続きがあります。


よくよく話を伺っていると、お店の方は保険に対する知識が深く、面倒な手続きまでワンストップで行っており、その点が重宝されているようです。
また、返却の度にメンテナンスもしっかりされるそう。品質も保たれます。

おそらく、これらはとても面倒なことです。しかも、面倒なことほど、すぐに大きな売上には直結しないことが多いものです。

ですが、そういった面倒なことほど積極的になること。

ここに、活路があります。

なぜなら、競合や大手がやりたがらないことで、お客様が喜ぶことだからです。いわゆる「弱者の兵法」と呼ばれるものです。

同じように、「ニュースレターの作成代行」というサービスを展開している友人がいますが、これも弱者の兵法。面倒で売上も大きくない分野のため、大手は参入しません。なので彼の独壇場です。今では1人でまわりきれないほどになっています。

あなたの会社の商品、サービスでも、手間のかかることや競合がやりたがらないことをひとつ、探してみてください。きっと、そこにヒントがあるはずです。

-人事・労務の玉手箱掲載原稿, 2013年度掲載

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

情報発信における大事だけど見落としがちな3つのポイント。

今日は情報発信のお話です。 情報発信。クライアントにはこの大事さをお伝えしていますが、情報発信の工夫をするだけで売上が大きく変わってきます。実際、中古車を販売しているクライアントでは、情報発信の工夫に …

やっぱり販促しないことはかなりの機会損失な件

あなたが持っている、あなたの会社の大切な商品の数々。 きっといいものに違いないんでしょうけど、そのよさを伝えないことは、やっぱり機会損失なわけです。つまり、人によって会社によって、形は違えど販促は必要 …

自社メディア次第で「小が大を制せる」時代。

小が大を制せる時代。 制するというよりも、より「弱者の兵法」が使いやすくなった時代。 資本に頼らないやり方に目を向ければ、活路は見えやすくなってきている。最近のFacebookをはじめとするSNSやY …

使い古された販促手法シリーズ【戸別訪問】

  こんにちは。唐木です。   この玉手箱連載や私のブログ(唐木芳和のココだけの話)などでもよく言っていることがいくつかありまして、その1つに、「使い古された販促手法の方が効果的な …

“移動”を取り入れて創造力を高める

先日、アパホテルに宿泊した時のことですが、アメニティの袋にこのようなフレーズが記されていました。   「発想は移動距離に比例する」   このフレーズ、誰が言ったかは知りませんが、ど …

アーカイブ

ソーシャルメディア