人事・労務の玉手箱掲載原稿 2013年度掲載

面倒なことに積極的ですか?

投稿日:2013年1月30日 更新日:


クライアントの年1回の合宿でのこと。ある車屋さんで伺ったお話の中で、興味深い一節がありました。

それは、「レンタカーの売上比率が上がっている」というものです。

もちろん、わたしが全体の売上や取扱品目の各構成比、各商品の粗利バランスなどを把握しているわけではありませんから、一概にいいとは言い切れません。
加えて誤解いただきたくないのですが、何も“レンタルが商売としていい”ということを言っているわけでもありません。

話には続きがあります。


よくよく話を伺っていると、お店の方は保険に対する知識が深く、面倒な手続きまでワンストップで行っており、その点が重宝されているようです。
また、返却の度にメンテナンスもしっかりされるそう。品質も保たれます。

おそらく、これらはとても面倒なことです。しかも、面倒なことほど、すぐに大きな売上には直結しないことが多いものです。

ですが、そういった面倒なことほど積極的になること。

ここに、活路があります。

なぜなら、競合や大手がやりたがらないことで、お客様が喜ぶことだからです。いわゆる「弱者の兵法」と呼ばれるものです。

同じように、「ニュースレターの作成代行」というサービスを展開している友人がいますが、これも弱者の兵法。面倒で売上も大きくない分野のため、大手は参入しません。なので彼の独壇場です。今では1人でまわりきれないほどになっています。

あなたの会社の商品、サービスでも、手間のかかることや競合がやりたがらないことをひとつ、探してみてください。きっと、そこにヒントがあるはずです。

-人事・労務の玉手箱掲載原稿, 2013年度掲載

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小さい会社のための「利益を生み出すポートフォリオ発想」。

性格からビジネスモデルをつくる。社員の能力と仕事を結びつけ、その結果として業績を伸ばすことですが、ここ2回は「人の成長」に焦点を当てたコラムをお届けしました。そこで今回は、「会社のビジネスモデルそのも …

口を挟みすぎるリーダーvs丸投げリーダー。

企画は立ち上がるものの、物事が全く進まない組織があります。 昔お付き合いのあったある病院では、何でもかんでも院長がやりたがりました。しかも不運なことに、本人にはその自覚がありません。本人はスタッフに任 …

やっぱり販促しないことはかなりの機会損失な件

あなたが持っている、あなたの会社の大切な商品の数々。 きっといいものに違いないんでしょうけど、そのよさを伝えないことは、やっぱり機会損失なわけです。つまり、人によって会社によって、形は違えど販促は必要 …

ビジネスにおける「仕組み化」の定義って何か考えてみた。

なんとなくわかっているようでわかっていない言葉ってありますよね? 「仕組み化」という言葉も、そんな言葉の中の1つではないでしょうか。今回はこんなエピソードをもとに、「仕組み化」という言葉に少し触れてみ …

時には「ハッタリ」が大事なワケ。

最近はあまりビジネス書を読まないのですが、これは琴線に触れる部分が多かった。「不格好経営」、株式会社DeNAの創業者、難波智子さんの本です。この本ではDeNAさんの創業から現在までのストーリーが難波さ …

アーカイブ

ソーシャルメディア