人事・労務の玉手箱掲載原稿 2013年度掲載

シンプルな参入障壁のつくり方。

投稿日:2013年5月30日 更新日:


あるリハビリ特化型デイサービスを運営するクライアントでは、毎月、折込チラシを行っていただいています。これがメインの集客手段になります。

おかげさまで、チラシの反響率は 0.1%を超え、毎月反響は30件以上、利用者さんも毎月10人以上のペースでお客様が増えて行っており、まずまず順調といってよいでしょう。

こういったデイサービスの業界での一般的なやり方は、ケアマネージャーに訪問営業を行い、該当する利用者さんを紹介していただくことです。

しかし、この施設ではケアマネージャーからの直接紹介は、利用者さん全体の1割にも満たない状況です。ですから、チラシがメインの集客手段となります。
ただ、このように販促費を投資としてとらえ、営業以外のルートをメイン集客手段とするやり方は、業界では異端とも言えます。

現在、このようにうまくいっているわけですが、先日、クライアントからこのようなお話がありました。

「(お客さんが)集まってきましたので、来月からチラシを止めようと思います」

さすがの私も、こればかりは閉口どころか即反対しました。せっかく出来た“勝ちパターン”を、みすみす放棄するというのは真っ当な判断ではないからです。

もちろん、チラシ以外の集客ルートが確立していれば、コスト調整の点からしても検討の余地は十分にあります。しかし、それが無い状態で“勝ちパターン”を放棄するというのは、やってはいけないことです。
それに、集客数や見込客数、成約数から見ると、チラシ代は即回収できていますから、リスクは極めて低いのです。ならば、選択肢は必然的に絞られます。

お伝えしたいことは、チラシをやりましょう、ということではありません。なぜなら、業種業態やお店を取り巻く環境、お店が持つ強みによって、当然ながら販促の手段も変わるからです。

大事なことは、「成果が出ていることは継続すること。より成果が出るよう磨き上げること」なのです。

チラシでもいいし、WEB 販促でもいいし、クチコミ強化でもいい。あなたの会社でも反響率がいい、成約率がいい方法がきっとあるはず。
これが「他社が真似出来ないレベル」にまで磨き上げられた時、それは「参入障壁」になるのです。

-人事・労務の玉手箱掲載原稿, 2013年度掲載

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チームメンバーを理解する場をつくっていますか?

先日、TV をつけると、たまたま NHK の特報首都圏という番組が放映されていました。この回のテーマは、「“ストレス爆発”をどう防ぐ」というもの。 この手のテーマは、いつの時代も変わらずあるような気が …

あまり取り組まれていないファンづくりの方法。

  人は「何か(誰か)に関わってよい印象を受けるとより応援したくなるもの」です。これは、特に何らかの学術的根拠を用いなくても実感があるでしょう。   あなたの商売が地域密着の商売で …

あなたの会社の「基本ルール」は何ですか?

今月は相次いでご縁をいただき、九州の繁盛店を視察させていただく機会に恵まれました。 一件目は、ある地域一番の美容室さんを見学。 こちらは、全国的に見ても相当に高い生産性を誇っておられます。単店の売上は …

会議は「異なる視座から新しい視点を獲得する場」である

  先日、出版会議なるものに出席しました。   前職の先輩からお誘いいただいて参加させていただいたわけですが、これは貴重な体験でした。   この会は、「具体的にこのテーマ …

まず、前を向かせていますか?

以前、東洋経済オンラインに興味深い記事が掲載されていました。滋賀県の県立北大津高校の野球部を率いる、宮崎さんという方へのインタビュー記事です。 1994年から率いる同監督は、約20年のうち、春夏合わせ …

アーカイブ

ソーシャルメディア