人事・労務の玉手箱掲載原稿 2013年度掲載

販促手法に煮詰まったときに考えるべきこと。

投稿日:2013年10月30日 更新日:


つい先日、デイサービス業のクライアントで“健康相談フェア”なるものを開催しました。今日はそのびっくり事例のお話です。「デイサービスなら、ウチの商売には関係ない」と思わず、ちょっとばかりお付き合いくださいね。

さて、この健康相談フェアですが、地元のショッピングセンター(SC)で開催しました。看護師のアドバイスを含めた血管年齢測定があるなど、文字通り、健康のあれこれを相談出来るイベントです。
朝10時〜14時の計4時間開催したのですが、びっくりしたのは健康相談の来場数。たった4時間で、なんと107名もの方が来場されたのです。当たりました。

実はこのイベントの目的は、デイサービスの見込のお客様を集めること。健康相談のついでにデイサービスの提供するサービスを体感したり、ご案内やアンケートを記入いただけたりしたお客様が、全107名の来場者中、80名以上にものぼったのです。この後、お客様になっていただけるかどうかはこれからです。ですが、お分かりのように、これは効果効率がすこぶるいいやり方なのです。

販促手法やツールは、手を替え品を変え、次から次へと新しいものが出てきます。PPC広告が流行ればPPC広告に、Facebookが流行ればFacebookに。新しいものが出てくるとそこに目がうつります。流行のものは、確かに目新しく、効果はあるかもしれません。しかし、販促をする側も増えるわけです。そうなるとメリットがどんどん薄くなります。

そんな時こそ、フラットにものごとを考えてみませんか?

フラットに考えるとは、例えば、

・そもそも、ウチのお客さんが“よく見るもの”は何なのか?
・そもそも、ウチのお客さんが“よく訪れる場所”はどこなのか?
・そこでウチのことを知ってもらって、かつ、お客さんに喜んでもらえることは何か?
・見てもらった、来てもらったお客様と関係性を構築するには何をすればいいか?
・そのお客様に対し、次はどんなステップを用意すればもっと喜んでもらえるか?

などです。

「どの販促手法が効果的だから」とか、もっとひどいと「何だか流行っているらしいからウチも」なんて理由で販促手法を選択すると、結構な確率で痛い目に会います。

冒頭のようなイベントでお客様が集まったのは、“集まるところには人は集まる”ということを意味しています。“喜んでもらえること”も、まだまだ知恵が出るはずです。
ですから、販促手法に煮詰まったら一旦フラットに考えてみる。先ほどのような質問を自分に投げかけ、知恵を絞ってみる。それが、商売の楽しいところ、ではないでしょうか。


-人事・労務の玉手箱掲載原稿, 2013年度掲載

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

使い古された販促手法シリーズ【戸別訪問】

  こんにちは。唐木です。   この玉手箱連載や私のブログ(唐木芳和のココだけの話)などでもよく言っていることがいくつかありまして、その1つに、「使い古された販促手法の方が効果的な …

わかりやすく説明しているはずなのに売れない時に見直すこと。

絵本や伝記、小説、漫画、映画などなど……。 私たちが子供の頃から慣れ親しんでいる読み物や映像に共通するのは「物語」です。そんな慣れ親しんだ「物語」は、普遍的な存在です。普遍的なものだからこそ、時にはハ …

スタッフ育成に応用する順次戦略と累計戦略。

順次戦略と累積戦略という戦略の分類法があります。 前者はビジネスの現場でよくあるやり方。 つまり、1つの目標を定め、その目標に対して打ち手を1つ1つ決定し、実行して行くやり方です。 それに対して後者は …

自社メディア次第で「小が大を制せる」時代。

小が大を制せる時代。 制するというよりも、より「弱者の兵法」が使いやすくなった時代。 資本に頼らないやり方に目を向ければ、活路は見えやすくなってきている。最近のFacebookをはじめとするSNSやY …

口を挟みすぎるリーダーvs丸投げリーダー。

企画は立ち上がるものの、物事が全く進まない組織があります。 昔お付き合いのあったある病院では、何でもかんでも院長がやりたがりました。しかも不運なことに、本人にはその自覚がありません。本人はスタッフに任 …

アーカイブ

ソーシャルメディア