人事・労務の玉手箱掲載原稿 2014年度掲載

漫画家に学ぶ自分の土俵の決め方。

投稿日:2014年1月30日 更新日:


ある著名な漫画家さんと何度かお話しさせていただく機会がありました。著作の中にはドラマ化された大ヒット作もありますので、“著名な”という表現は誇大広告ではありません。

さて、この漫画家という職業ですが、数多ある職業の中でもとても難しい部類に入ると言っていいでしょう。画力やストーリー構築力、その源泉となる創造力はもちろん、時代やマーケットを読む力やポジショニングなど、必要な要素が多いわけです。

そこでこんな質問をしてみました。

「描く作品を決める基準って何かありますか?」

すると、こんな答えが返ってきました。

「それが“カッコイイ”と思えるかどうか、ですね。」

職業上、「どのテーマについて描くか」については無限の選択肢があります。漫画家という職業の枠はあれども、描こうとなんでも描けるわけ。これが難しい。

好きや得意だけで決めるわけにはいかない。
そこにはマーケットが存在しないかもしれないから。

マーケットに合わせるだけでもいけない。
その分野にはすでに、上には上がいるから。

ですので、自分の特長とマーケット、時代性などが重なるポイントに、ピンポイントで勝負をかけないといけないわけです。それでも当たるか当たらないかわからない。だからこそ、この“カッコイイと思えるかどうか”という基準が出てくるわけです。

カッコイイと思えなければ、ハマらない。
ハマらないと、クオリティが別次元に行かない。
クオリティが別次元に行かないと、その分野の天才には勝てない。
そもそも、カッコイイと思えなければ、続かない。

これ、ビジネスも同じじゃないでしょうか?
マーケットにしてもビジネスそのものにしてもやり方にしても同じことがいえるのではないでしょうか?

「このやり方が上手くいくらしいから」
「このビジネスが儲かるらしいから」

そんな基準ばかりで目の前のことを選択していると、遅かれ早かれしっぺ返しが来ます。目の前の商売をカッコイイと思えるか。目の前の商売にハマった結果、カッコイイと思えるか。入口でも出口でもいいからそう感じられること。流行モノを追いかけるより、よほど大事ですよ。

私もそうですが、そう感じられるよう、目の前の仕事に集中したいものです。

-人事・労務の玉手箱掲載原稿, 2014年度掲載

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビジネスにおける「仕組み化」の定義って何か考えてみた。

なんとなくわかっているようでわかっていない言葉ってありますよね? 「仕組み化」という言葉も、そんな言葉の中の1つではないでしょうか。今回はこんなエピソードをもとに、「仕組み化」という言葉に少し触れてみ …

同業他社のサービスを受けていますか?

深夜0:32。 部屋に携帯電話のバイブ音が鳴り響きます。1件が終わると、また1件。それが終わると、メール着信のバイブ音。隣の部屋では身重の母親と子どもが寝静まっています。次の朝、携帯電話を確認すると、 …

“移動”を取り入れて創造力を高める

先日、アパホテルに宿泊した時のことですが、アメニティの袋にこのようなフレーズが記されていました。   「発想は移動距離に比例する」   このフレーズ、誰が言ったかは知りませんが、ど …

あまり取り組まれていないファンづくりの方法。

  人は「何か(誰か)に関わってよい印象を受けるとより応援したくなるもの」です。これは、特に何らかの学術的根拠を用いなくても実感があるでしょう。   あなたの商売が地域密着の商売で …

会議は「異なる視座から新しい視点を獲得する場」である

  先日、出版会議なるものに出席しました。   前職の先輩からお誘いいただいて参加させていただいたわけですが、これは貴重な体験でした。   この会は、「具体的にこのテーマ …

アーカイブ

ソーシャルメディア