人事・労務の玉手箱掲載原稿 2014年度掲載

漫画家に学ぶ自分の土俵の決め方。

投稿日:2014年1月30日 更新日:


ある著名な漫画家さんと何度かお話しさせていただく機会がありました。著作の中にはドラマ化された大ヒット作もありますので、“著名な”という表現は誇大広告ではありません。

さて、この漫画家という職業ですが、数多ある職業の中でもとても難しい部類に入ると言っていいでしょう。画力やストーリー構築力、その源泉となる創造力はもちろん、時代やマーケットを読む力やポジショニングなど、必要な要素が多いわけです。

そこでこんな質問をしてみました。

「描く作品を決める基準って何かありますか?」

すると、こんな答えが返ってきました。

「それが“カッコイイ”と思えるかどうか、ですね。」

職業上、「どのテーマについて描くか」については無限の選択肢があります。漫画家という職業の枠はあれども、描こうとなんでも描けるわけ。これが難しい。

好きや得意だけで決めるわけにはいかない。
そこにはマーケットが存在しないかもしれないから。

マーケットに合わせるだけでもいけない。
その分野にはすでに、上には上がいるから。

ですので、自分の特長とマーケット、時代性などが重なるポイントに、ピンポイントで勝負をかけないといけないわけです。それでも当たるか当たらないかわからない。だからこそ、この“カッコイイと思えるかどうか”という基準が出てくるわけです。

カッコイイと思えなければ、ハマらない。
ハマらないと、クオリティが別次元に行かない。
クオリティが別次元に行かないと、その分野の天才には勝てない。
そもそも、カッコイイと思えなければ、続かない。

これ、ビジネスも同じじゃないでしょうか?
マーケットにしてもビジネスそのものにしてもやり方にしても同じことがいえるのではないでしょうか?

「このやり方が上手くいくらしいから」
「このビジネスが儲かるらしいから」

そんな基準ばかりで目の前のことを選択していると、遅かれ早かれしっぺ返しが来ます。目の前の商売をカッコイイと思えるか。目の前の商売にハマった結果、カッコイイと思えるか。入口でも出口でもいいからそう感じられること。流行モノを追いかけるより、よほど大事ですよ。

私もそうですが、そう感じられるよう、目の前の仕事に集中したいものです。

-人事・労務の玉手箱掲載原稿, 2014年度掲載

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

使い古された販促手法シリーズ【戸別訪問】

  こんにちは。唐木です。   この玉手箱連載や私のブログ(唐木芳和のココだけの話)などでもよく言っていることがいくつかありまして、その1つに、「使い古された販促手法の方が効果的な …

小さい会社のための「利益を生み出すポートフォリオ発想」。

性格からビジネスモデルをつくる。社員の能力と仕事を結びつけ、その結果として業績を伸ばすことですが、ここ2回は「人の成長」に焦点を当てたコラムをお届けしました。そこで今回は、「会社のビジネスモデルそのも …

自社メディア次第で「小が大を制せる」時代。

小が大を制せる時代。 制するというよりも、より「弱者の兵法」が使いやすくなった時代。 資本に頼らないやり方に目を向ければ、活路は見えやすくなってきている。最近のFacebookをはじめとするSNSやY …

“移動”を取り入れて創造力を高める

先日、アパホテルに宿泊した時のことですが、アメニティの袋にこのようなフレーズが記されていました。   「発想は移動距離に比例する」   このフレーズ、誰が言ったかは知りませんが、ど …

なぜ、マニュアルは定着しないのか?

  目次1 ・マニュアルが効果を発揮するケース2 ・マニュアルを業績につなげる3つのポイント2.1 1.「前提」を整えること2.2 2.参加型の「プロセス」に仕立て上げること2.3 3.「検 …

アーカイブ

ソーシャルメディア