長期利益のマーケティング

もう答えあるやん。

投稿日:

こんにちは。唐木です。


職業柄もありますが。私の周りには社長や個人事業主、
フリーランスの方が多くいらっしゃいます。


先日もフリーランスの友人と話をしていたのですが、
まぁ、だいたいは集客やら商品やら含め、ビジネスの
話になるわけです。


で、その日は集客方法の話をしていたんですよ。

————————————————–

唐木:「こんなやり方、どうかな〜?」

相手:「ん〜、それはイマイチ気が乗らないな〜」

————————————————–

聞き取り→提案→イマイチ。
そんなやり取りを繰り返していました。


相手が嫌なこと、気が乗らないことを無理やりやらせても、
ロクな結果にならないことは百も承知。
だから、待つことは大事なんですよね。


正しいやり方も、

・扱う人や
・扱う場面や
・扱うタイミング

によっては正しくないことが多々ありますから。


まぁ、それはそれで置いておいて、
「これかな?」「あれかな?」と提案しているうちに、
ひっかかるポイントが出てくるわけですよ。


その時の反応は、だいたいこんな感じです。

「あ、そういえばこれ、昔やろうとしてましたね〜」
「あ、そういえばこれ、昔やったことありますね〜」

というもの。


前者の場合は、
何かしらの理由でやろうとしていたのですから、
やる意欲はあるはず(あったはず)。
だから、やることへの抵抗は少ないわけです。

後者の場合は、
何かしらの「結果」が、実際に出ている。

その「結果」が芳しいものであればやればいいし、
思わしくなかったのであれば、
何を、どう変えればうまくいくのかを考え、
そこがクリア出来そうならやったらいい。


それと、後者の場合にありがちなのが、


「よい結果にもかかわらず、
自分ではよい結果だと思っていない」


というケースです。


先日の友人との話の中でも同じことが言えます。

————————————————–

唐木:「で、そのチラシの反響、どれくらいやったん?」

相手:「80枚配って1件やったかな。」

唐木:「十分ええやん。(反響が)1%超えてるで。
80人に配ったら1人は来るってことやん。」

相手:「せやなぁ。」

唐木:「なら、それでええやん。」

相手:「せやな。」

————————————————–

いい結果なのに、自分ではその価値に気づいていない。
自分のことって、自分ではわからないし過小評価しがち。

そう、たいていの場合、


答えや突破口はだいたいあるものですし、
それを「本人が忘れている」ことが多い。


それを人に言いながら、一番記憶喪失なのは、
何を隠そうこの私なんですけどね…。

お後がよろしいようで。

-長期利益のマーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

加齢臭が漂う方法を採用してみる。

こんにちは。唐木です。 先日お誘いいただいたセミナーに出ましたところ、こんなお話を聞いたのです。大雑把にざっくりと(同じ意味ですが)、まとめてみたいと思います。 私の解釈では、「人脈ってのはやっぱり大 …

小さな流入経路の蓄積こそ、後で効いてくる

  こんにちは。唐木です。   先日、クライアント先のWEBサポートスタッフさんとやりとりしていた時、こんな話が出ました。   「ときに売上に貢献したりしてます。」 &n …

時には「書」を捨て、「街」に出よう。そして自分の頭で感じよう、考えよう。

目次1 体験は何より重要な情報源2 それは「お客思考」か?それとも「お店思考」か? 体験は何より重要な情報源 こんにちは。唐木です。   先日、久々に都内をゆっくりと歩く機会がありました。お …

顧客管理が、売上やリピートや購入点数だけで貢献度をはかるだけで捉えちゃうと、いかがなもんかな。

こんにちは。唐木です。 コメダ珈琲っていいですね。 はじめて行きましたけど、近くにあったらリピートします。パンもコーヒーもサイズが大きめでいいし、席間もそれなりにとってあるから落ち着いて食べられます。 …

操作主義なマーケティングはやればやるほど自滅な件

こんにちは。唐木です。 むかーし、専門学校のコンサルティングをしていた時、歩留り率(成約率)を上げる方法がありまして、それを一言で言うと「順番」でした。 オープンキャンパスという舞台で、体験、集合、個 …

アーカイブ

ソーシャルメディア