長期利益のマーケティング

もう答えあるやん。

投稿日:

こんにちは。唐木です。


職業柄もありますが。私の周りには社長や個人事業主、
フリーランスの方が多くいらっしゃいます。


先日もフリーランスの友人と話をしていたのですが、
まぁ、だいたいは集客やら商品やら含め、ビジネスの
話になるわけです。


で、その日は集客方法の話をしていたんですよ。

————————————————–

唐木:「こんなやり方、どうかな〜?」

相手:「ん〜、それはイマイチ気が乗らないな〜」

————————————————–

聞き取り→提案→イマイチ。
そんなやり取りを繰り返していました。


相手が嫌なこと、気が乗らないことを無理やりやらせても、
ロクな結果にならないことは百も承知。
だから、待つことは大事なんですよね。


正しいやり方も、

・扱う人や
・扱う場面や
・扱うタイミング

によっては正しくないことが多々ありますから。


まぁ、それはそれで置いておいて、
「これかな?」「あれかな?」と提案しているうちに、
ひっかかるポイントが出てくるわけですよ。


その時の反応は、だいたいこんな感じです。

「あ、そういえばこれ、昔やろうとしてましたね〜」
「あ、そういえばこれ、昔やったことありますね〜」

というもの。


前者の場合は、
何かしらの理由でやろうとしていたのですから、
やる意欲はあるはず(あったはず)。
だから、やることへの抵抗は少ないわけです。

後者の場合は、
何かしらの「結果」が、実際に出ている。

その「結果」が芳しいものであればやればいいし、
思わしくなかったのであれば、
何を、どう変えればうまくいくのかを考え、
そこがクリア出来そうならやったらいい。


それと、後者の場合にありがちなのが、


「よい結果にもかかわらず、
自分ではよい結果だと思っていない」


というケースです。


先日の友人との話の中でも同じことが言えます。

————————————————–

唐木:「で、そのチラシの反響、どれくらいやったん?」

相手:「80枚配って1件やったかな。」

唐木:「十分ええやん。(反響が)1%超えてるで。
80人に配ったら1人は来るってことやん。」

相手:「せやなぁ。」

唐木:「なら、それでええやん。」

相手:「せやな。」

————————————————–

いい結果なのに、自分ではその価値に気づいていない。
自分のことって、自分ではわからないし過小評価しがち。

そう、たいていの場合、


答えや突破口はだいたいあるものですし、
それを「本人が忘れている」ことが多い。


それを人に言いながら、一番記憶喪失なのは、
何を隠そうこの私なんですけどね…。

お後がよろしいようで。

-長期利益のマーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビジネスにおける「仕組み化」の定義って何か考えてみた。

なんとなくわかっているようでわかっていない言葉ってありますよね? 「仕組み化」という言葉も、そんな言葉の中の1つではないでしょうか。今回はこんなエピソードをもとに、「仕組み化」という言葉に少し触れてみ …

市場がなくなりそうなものほど、残しておこう。

こんにちは。唐木です。 子どもと公園に一緒に行くと、 しばしばこのような商売を見かけます。 アイスキャンデーを売っている人、 たこせんなどの駄菓子を売っている人、 紙芝居をやっている人。 いるんですよ …

「らしさ」伝わってます?

こんにちは。唐木です。 まずはこの画像を見てほしいと思います。 ↑この一番上のところ↑   これ、読み方わかります? 調べてみると「しただい」ないし「ぜつだい」と 読むそうです。 意味はメニ …

小さい会社のための「利益を生み出すポートフォリオ発想」。

性格からビジネスモデルをつくる。社員の能力と仕事を結びつけ、その結果として業績を伸ばすことですが、ここ2回は「人の成長」に焦点を当てたコラムをお届けしました。そこで今回は、「会社のビジネスモデルそのも …

八方美人な自分にお困りの方へ

こんにちは。唐木です。 1日1人に嫌われろ。 むかーし、アメリカの有名なマーケッターらしいダン・ケネディが言った言葉のようで、結構この言葉って覚えているんですよね。ただ、言葉の定義ってすべての人でその …

アーカイブ

ソーシャルメディア