長期利益のマーケティング

もう答えあるやん。

投稿日:

こんにちは。唐木です。


職業柄もありますが。私の周りには社長や個人事業主、
フリーランスの方が多くいらっしゃいます。


先日もフリーランスの友人と話をしていたのですが、
まぁ、だいたいは集客やら商品やら含め、ビジネスの
話になるわけです。


で、その日は集客方法の話をしていたんですよ。

————————————————–

唐木:「こんなやり方、どうかな〜?」

相手:「ん〜、それはイマイチ気が乗らないな〜」

————————————————–

聞き取り→提案→イマイチ。
そんなやり取りを繰り返していました。


相手が嫌なこと、気が乗らないことを無理やりやらせても、
ロクな結果にならないことは百も承知。
だから、待つことは大事なんですよね。


正しいやり方も、

・扱う人や
・扱う場面や
・扱うタイミング

によっては正しくないことが多々ありますから。


まぁ、それはそれで置いておいて、
「これかな?」「あれかな?」と提案しているうちに、
ひっかかるポイントが出てくるわけですよ。


その時の反応は、だいたいこんな感じです。

「あ、そういえばこれ、昔やろうとしてましたね〜」
「あ、そういえばこれ、昔やったことありますね〜」

というもの。


前者の場合は、
何かしらの理由でやろうとしていたのですから、
やる意欲はあるはず(あったはず)。
だから、やることへの抵抗は少ないわけです。

後者の場合は、
何かしらの「結果」が、実際に出ている。

その「結果」が芳しいものであればやればいいし、
思わしくなかったのであれば、
何を、どう変えればうまくいくのかを考え、
そこがクリア出来そうならやったらいい。


それと、後者の場合にありがちなのが、


「よい結果にもかかわらず、
自分ではよい結果だと思っていない」


というケースです。


先日の友人との話の中でも同じことが言えます。

————————————————–

唐木:「で、そのチラシの反響、どれくらいやったん?」

相手:「80枚配って1件やったかな。」

唐木:「十分ええやん。(反響が)1%超えてるで。
80人に配ったら1人は来るってことやん。」

相手:「せやなぁ。」

唐木:「なら、それでええやん。」

相手:「せやな。」

————————————————–

いい結果なのに、自分ではその価値に気づいていない。
自分のことって、自分ではわからないし過小評価しがち。

そう、たいていの場合、


答えや突破口はだいたいあるものですし、
それを「本人が忘れている」ことが多い。


それを人に言いながら、一番記憶喪失なのは、
何を隠そうこの私なんですけどね…。

お後がよろしいようで。

-長期利益のマーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

加齢臭が漂う方法を採用してみる。

こんにちは。唐木です。 先日お誘いいただいたセミナーに出ましたところ、こんなお話を聞いたのです。大雑把にざっくりと(同じ意味ですが)、まとめてみたいと思います。 私の解釈では、「人脈ってのはやっぱり大 …

ちょうどいい表現を探る。

こんにちは。唐木です。 先日、私が会員になっている 書道道具の卸店舗から一通のDMが 届きました。 毎日いろんなチラシやDMが ポストに入っていますが、 これらをイチイチ見て、 イチイチ反応するのが楽 …

ポートフォリオ発想。

こんにちは。唐木です。 いや〜、この記事、面白かった。 まずはちょっと見てみて下さい。 ひとり出版社「岩田書院」 知の容れ物を作り続ける 岩田さんは出版社を立ち上げ21年目。 ずっと1人で切り盛りされ …

使い古された販促手法シリーズ【戸別訪問】

  こんにちは。唐木です。   この玉手箱連載や私のブログ(唐木芳和のココだけの話)などでもよく言っていることがいくつかありまして、その1つに、「使い古された販促手法の方が効果的な …

ビジネスモデルをゼロリセットしてみると面白い。

こんにちは。唐木です。 長年同じ仕事、 長年同じ業種に携わっていると、 発想が凝り固まるものです。 今日、長男の出生届を出してきました。 近所の区役所に朝イチで行ったのですが、 3月末という変わり目の …

アーカイブ

ソーシャルメディア