長期利益のマーケティング

販売ロスより気分ロス。

投稿日:

思うところがあり、
今日は書道道具のお店に行ってきました。


ここは卸価格で購入出来ることもあり、
品揃えも豊富で楽しいんですよね。


見てて飽きない。


店内の客層を見るとご高齢の方ばかり。
小学生を除き、私が一番若かったと思います。


これ、職業病なんですが、
価格見たり客層見たりレイアウト見たり。
長年の蓄積でパターン化された思考習慣。


もうまさにこの思考と視点の習慣こそ
加齢臭を強烈に放つ感じがしますが、
まぁそれはそれでいいでしょう。


さて、休日で決算セール真っ盛りということもあり、
お店の中はバタバタしていたわけですよ。


店内のお客は思うがままに店員を呼び止め、
商品の特徴をつぶさに質問します。


レジ前のお客は郵送できるかできないか、
決断までに時間がかかっているようです。


レジの店員はセール価格を確かめるため、
レジと売場を往復します。


すべて売場とオペレーションの問題なので、
準備や対策でカバー出来る範囲です。


こういうのをコンサルタントはたいてい
「販売ロスなので〜」だとか、
「機会ロスなので〜」だとか、
そういう風に指導し、改善するわけです。
(私はあんまり言いませんが)


これって結構「減点方式」のニュアンスが
強いイメージですよね。


なら、捉え方をこんな風に変えてみては
どうでしょう?


販売ロスではなく気分ロス。


POPの字も小さいより大きい方が、


売場案内POPも目立たないより目立つ方が、


商品説明もスペックのみではなく、
「対象」や「使用感」を書いた方が、


「気分」がよくなると思うのです。


同じ減点方式での捉え方でも、
「売り逃し」と捉えるのか、
「気分よくする機会逃し」と捉えるのかで、


買う側も、
働く側も、
ちょっと気分が違うと思うのです。


特に働く側が気分よくなれば、
反作用として、買う側も気分がよくなる。


働く側がちょっと視点を変えれば、
働く側がちょっと気分をよくする工夫をすれば、
その積み重ねが毎日あれば、


全然違うお見せになるんじゃないかな〜って
思ったわけ。


ま、そんなこと言いながらも楽しかったんですけどね。

-長期利益のマーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マーケティングを不要にするためにマーケティングを使う。

こんにちは。唐木です。 先日、いつもお世話になっている クライアントの社長から教えていただいた ”私、唐木の特徴”があります。 自分のことほど自分でよくわからないもの。 なので聞いてみると、 コンサル …

「らしさ」伝わってます?

こんにちは。唐木です。 まずはこの画像を見てほしいと思います。 ↑この一番上のところ↑   これ、読み方わかります? 調べてみると「しただい」ないし「ぜつだい」と 読むそうです。 意味はメニ …

必要以上の遠慮は必要ない。

こんにちは。唐木です。 先日、 娘と一緒に公園に遊びに行ったのですが、 まるで自分を見ているようで、 つくづく、 子どもは本当に鏡だな と思いました。 たとえば、 水汲み場にたくさんの子どもがいます。 …

立地は大事だからこそ、その前に「そもそも論」を考える

こんにちは。唐木です。   実店舗を構えての商売では、特に「立地」は今でも大事な差別化要素です。   もちろん、少し前から話題のブルーボトルコーヒーが一号店を清澄白河に出すなど、立 …

付加価値発想ではなく、物の見方を変えさせる発想で。

  目次1 ・付加価値という言葉のマジック2 ・例えば「メイソンジャー」の話3 ・物の見方を変える前に大事なこと ・付加価値という言葉のマジック こんにちは。唐木です。 お客さんにとっての自 …

アーカイブ

ソーシャルメディア