自分マネジメント

「ズレ」を確認する。

投稿日:

こんにちは。


伝えることも、
理解することも、
む・ず・か・し・い〜〜〜
と毎日感じる、唐木です。


このブログの目的の1つに、

「自分の言語化能力を高める」

というものがあります。


友人の和田サンのFacebook投稿から
こんなことを思い出したのですが、


私が入社2年目の時によく言われた、

「おまえはボキャブラリーが
ホンマに少ないな〜」

という上司の言葉と半ばあきれ顔。
それらをいまだに覚えているほど、
言語化能力に関しては自信がありません。

昔から、

むずかしいことをわかりやすく、
わかりやすいことをできるだけふかく、
ふかいことをおもしろく

という言葉がありますが、
いまだ第一段階もクリア出来ておりません。
大事なことなのにね〜。


で、この言語化能力ですが、
言い換えると「翻訳能力」とも言えます。


たとえば、

「成功」

という言葉1つとっても、

その定義や、言葉から受けるイメージは、
1人1人違うわけです。

自分の言葉を相手の言葉に。
相手の言葉を自分の言葉に。

それが翻訳能力だと思います。


と、いうことは、
翻訳能力を高めようとすると、

「相手への理解」

ひいては、

「人間への理解」

が、ベースの能力として必要です。


私、何を隠そう、昔はクレームだらけでした。


まず、お客さんと話をしていても、


「相手が何を言っているのか、わからない」

「相手がなぜ、怒っているのか、わからない」


のです。正直、これは本当に困りました。


だから、

ミーティングの内容や会話をこまめにノートに書き、
わからない箇所を調べたり質問したりすることを
繰り返したり、クレームを受けたりしながら、


相手と自分の「ズレ」を確認して行きました。


結局、これって、

自分は相手のことを理解出来ていない、

自分の言葉は相手に伝わっていない、

という前提にいつも立っていないと、
このズレを埋めることは出来ないはず。

心屋さんのように、
言葉になりそうでなりにくいことを、
相手の言葉で、
端的に、
わかりやすく、
面白く伝えられるようになるには、
やはり、地道なこの「ズレの確認」が
必要なのかなと、思う次第です。

-自分マネジメント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「好きを仕事に」ってウソ?

「好きなことして食えている人って、どれくらいいるのかな?」 昨日、先輩社長と肉をつつきながらこんなフレーズが出ました。 「好きを仕事にする」というキーワード。一時期流行りましたよね。好きなことを仕事に …

「先送り」は生物学的に正しい、ようです。

こんにちは。 生き残るというキーワードに反応する 唐木です。 この本、面白かったです。 「先送り」は生物学的に正しい 究極の生き残る技術 (講談社プラスアルファ新書) 著者は、岡山大学大学院、 環境生 …

no image

自分の心配性との付き合い方

こんにちは。唐木です。 ある方のFacebookに こんなことが書かれていました。 ————————&# …

なぜ、それをやりたかったのか?

こんにちは。唐木です。 高城未来研究所『Future Report』。 高城剛さんのメルマガで、 私が唯一購読している有料メルマガです。 有料でわざわざ見るだけあって、 週1回の配信を心待ちにする内容 …

お願いをしていい人、ダメな人。

こんにちは。唐木です。 先日、クライアントとやりとりをしていたとき、こんな質問をしました。 「Facebookページのファン数が一気に増えているんですけど、見たところ広告ではないようですが、どうされた …

アーカイブ

ソーシャルメディア