長期利益のマーケティング ネーミング

「らしさ」伝わってます?

投稿日:2014年3月17日 更新日:



こんにちは。唐木です。
まずはこの画像を見てほしいと思います。


舌代

↑この一番上のところ↑

 

これ、読み方わかります?


調べてみると「しただい」ないし「ぜつだい」
読むそうです。


意味はメニューやお品書きと同じ。
「口で伝える代わりに文字で申し上げます」
ということらしい。


こういう表現、味気が”あって”いいと思いません?


よくネーミングや表現は「わかりやすい方がいい」
という風に言われますが、それは一理あります。


ですが、「わかりやすけりゃそれでいいの?」
となると、それは違うと思います。
味気ないより味気あった方がいいですからね。


他にも変わった表現として、
電話番号を「もしもし」と表記している看板を
使っているお店もあります。

これはドーナツ屋さんですが、
お店として表現したい「やわらかさの演出」に
貢献しているといえます。


つまり、ネーミングは


「らしさの演出」


にものすごく役立つということ。


別に、

料金を料金と、
住所を住所と、
電話番号を電話番号と、
書かなければならないわけじゃないし、


会社案内を会社案内と、
スタッフ紹介をスタッフ紹介と、
アクセスをアクセスと、
書かなければならないというわけじゃない。


だから、

・らしさの演出ができて、

・直感的にその意図、内容が伝わるもの


であれば、表現はドンドン変えちゃって
いいと思う。むしろ、その方がいい効果がある。
ゆにばーさるでざいんなるものと一緒。


これね、バカに出来ないんですよ。
こういった小さな工夫が、

1個、2個…10個…100個と積み重なると、
その差は大きなものになります。


伝えたいことが、
1ミリでも多く伝わるようにする工夫。


このブログも、もっと工夫しなきゃね。




-長期利益のマーケティング, ネーミング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

市場がなくなりそうなものほど、残しておこう。

こんにちは。唐木です。 子どもと公園に一緒に行くと、 しばしばこのような商売を見かけます。 アイスキャンデーを売っている人、 たこせんなどの駄菓子を売っている人、 紙芝居をやっている人。 いるんですよ …

時には「書」を捨て、「街」に出よう。そして自分の頭で感じよう、考えよう。

目次1 体験は何より重要な情報源2 それは「お客思考」か?それとも「お店思考」か? 体験は何より重要な情報源 こんにちは。唐木です。   先日、久々に都内をゆっくりと歩く機会がありました。お …

よい商品を持つ会社にはよい流れに —「コンテンツSEO」

  目次1 そもそもの検索エンジンの役割って?2 そもそも「良いコンテンツ」とは?2.1 ・良いコンテンツの条件1=ユーザーに有益なもの2.2 ・良いコンテンツの条件2=Googleの評価が …

なぜ、あの店はつまらないのか?

こんにちは。唐木です。 昨日はココでお仕事。 スタンダードブックストア心斎橋店です。 ココ、好きなんですよね。 「本屋ですが、ベストセラーは置いてません。」 なんてコンセプトで、一般の書店とは違うセレ …

売上と居心地のバランスをとる。

こんにちは。唐木です。 お店って、 ちょっとした変化で また行きたくもなるし、 もう行きたくなくなる。 その両方の可能性があります。 先日、 カフェで仕事をしていましたが、 ここが結構いいんです。 こ …

アーカイブ

ソーシャルメディア