長期利益のマーケティング ベースとなる考え方

夢のない集客法。

投稿日:2014年3月18日 更新日:


こんにちは。唐木です。
今日も自戒の念を込めての投稿です。「前は出来ていたのに今は出来ていないこと」があると、やっぱり嫌ですからね。

さて、自分の集客はもちろん、クライアントや友達など、誰かしらの集客もそうなのですが、気をつけていることがあります。


それは、

「魔法の杖を期待しない、期待させない」

ということです。


よく、


「これだけで10倍売れる〜」
「たった3ヶ月〇〇できる〜」


など、インパクトの強い「メソッドらしきもの」が多いですが、「それはそうしておかないと売れないらしい」という仮説および思い込みのもと、商業的にそうされているものがあります。


もちろん、本当にちゃんとしたもの、すごいものもたくさんあります。
ですが「メソッドらしきもの」と言っているのは、


「1つのメソッドに過度に期待、依存してしまう人」


が少なからずいるからです。


こういう人たちは、「問題を一気に解決しよう」とします。


集客でも一緒で、例えば100人集める方法を考える場合。


そういう人たちは「100人集める1つの方法」を期待します。
そんな「魔法の杖」は基本的にないと思った方がいい。
もちろん、取組みの道中にあったりしますけどね。


で、その期待はほとんどの場合、裏切られる。


「それは無理じゃないですか…」
「そんなのムチャです…」
「そんなの思いつきません…」


と、出来ない理由、無理な理由に頭がフォーカスします。


そんな時、相手に対しても自分に対しても、質問を変えます。


「1人、集める方法はない?」と。


100人集めたかったら、1人を集める手を100個、考えるのです。100個すべてやらなくてもいいんですよ。途中で結果出ますから。
自分では特にそうですが、ココをすっ飛ばしてしまうと、決まって集客が悪いんですよね〜…。サボりのツケです。


夢のない集客法でも、
それが100個集まれば、
夢のある集客法になる。

そう思います。


つまり、
「打たない打ち手」をどれだけ準備出来るか。
そこがスタートラインだと思います。

-長期利益のマーケティング, ベースとなる考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お願いをしていい人、ダメな人。

こんにちは。唐木です。 先日、クライアントとやりとりをしていたとき、こんな質問をしました。 「Facebookページのファン数が一気に増えているんですけど、見たところ広告ではないようですが、どうされた …

スタンドの売り子さんの売上の差って、たぶんその差はちょっとしたところにある。

こんにちは。唐木です。 昨日は、昔のクライアントから電話があったり、東京の友人が大阪の、しかも結構近所に引っ越すお知らせが来たり、酒井さんの勉強会でたまたま知り合った山口さんにブロックをはずしてもらっ …

八方美人な自分にお困りの方へ

こんにちは。唐木です。 1日1人に嫌われろ。 むかーし、アメリカの有名なマーケッターらしいダン・ケネディが言った言葉のようで、結構この言葉って覚えているんですよね。ただ、言葉の定義ってすべての人でその …

時には「書」を捨て、「街」に出よう。そして自分の頭で感じよう、考えよう。

目次1 体験は何より重要な情報源2 それは「お客思考」か?それとも「お店思考」か? 体験は何より重要な情報源 こんにちは。唐木です。   先日、久々に都内をゆっくりと歩く機会がありました。お …

販促をする際は属性を理解することが当たり前で極めて大事なこと。

こんにちは。唐木です。 先日は 「YouTube方法論セミナー」に参加しました。 最近注目を集めているメディア、YouTube。 ノウハウを公開している本や、 セミナーを開催する人は増えてきました。 …

アーカイブ

ソーシャルメディア