長期利益のマーケティング ベースとなる考え方

夢のない集客法。

投稿日:2014年3月18日 更新日:


こんにちは。唐木です。
今日も自戒の念を込めての投稿です。「前は出来ていたのに今は出来ていないこと」があると、やっぱり嫌ですからね。

さて、自分の集客はもちろん、クライアントや友達など、誰かしらの集客もそうなのですが、気をつけていることがあります。


それは、

「魔法の杖を期待しない、期待させない」

ということです。


よく、


「これだけで10倍売れる〜」
「たった3ヶ月〇〇できる〜」


など、インパクトの強い「メソッドらしきもの」が多いですが、「それはそうしておかないと売れないらしい」という仮説および思い込みのもと、商業的にそうされているものがあります。


もちろん、本当にちゃんとしたもの、すごいものもたくさんあります。
ですが「メソッドらしきもの」と言っているのは、


「1つのメソッドに過度に期待、依存してしまう人」


が少なからずいるからです。


こういう人たちは、「問題を一気に解決しよう」とします。


集客でも一緒で、例えば100人集める方法を考える場合。


そういう人たちは「100人集める1つの方法」を期待します。
そんな「魔法の杖」は基本的にないと思った方がいい。
もちろん、取組みの道中にあったりしますけどね。


で、その期待はほとんどの場合、裏切られる。


「それは無理じゃないですか…」
「そんなのムチャです…」
「そんなの思いつきません…」


と、出来ない理由、無理な理由に頭がフォーカスします。


そんな時、相手に対しても自分に対しても、質問を変えます。


「1人、集める方法はない?」と。


100人集めたかったら、1人を集める手を100個、考えるのです。100個すべてやらなくてもいいんですよ。途中で結果出ますから。
自分では特にそうですが、ココをすっ飛ばしてしまうと、決まって集客が悪いんですよね〜…。サボりのツケです。


夢のない集客法でも、
それが100個集まれば、
夢のある集客法になる。

そう思います。


つまり、
「打たない打ち手」をどれだけ準備出来るか。
そこがスタートラインだと思います。

-長期利益のマーケティング, ベースとなる考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チラシを入れなきゃならんというわけではない。

こんにちは。唐木です。 あなたのお家のポストに こんなものが入っていたこと、あります? 先日ウチのポストに入っていたのですが、 どこからどー見ても怪しい。 で、裏面を見てみると、こんな感じです。 怪し …

no image

もう答えあるやん。

こんにちは。唐木です。 職業柄もありますが。私の周りには社長や個人事業主、 フリーランスの方が多くいらっしゃいます。 先日もフリーランスの友人と話をしていたのですが、 まぁ、だいたいは集客やら商品やら …

顧客管理が、売上やリピートや購入点数だけで貢献度をはかるだけで捉えちゃうと、いかがなもんかな。

こんにちは。唐木です。 コメダ珈琲っていいですね。 はじめて行きましたけど、近くにあったらリピートします。パンもコーヒーもサイズが大きめでいいし、席間もそれなりにとってあるから落ち着いて食べられます。 …

利益が低けりゃ壁ドンでもしてみたらどうだ。

こんにちは。唐木です。 企業でも個人でもどっちでもいいんですけど、扱っている商品の利益が軒並み低いということ、ありませんか?もしそうだとしたら、今日の話はバカバカしいかもしれませんが、役に立つ話かもし …

情報発信における大事だけど見落としがちな3つのポイント。

今日は情報発信のお話です。 情報発信。クライアントにはこの大事さをお伝えしていますが、情報発信の工夫をするだけで売上が大きく変わってきます。実際、中古車を販売しているクライアントでは、情報発信の工夫に …

アーカイブ

ソーシャルメディア