長期利益のマーケティング 顧客とよい関係を育むヒント

その不誠実な対応、誰かに見られていますよ。

投稿日:2014年3月21日 更新日:


こんにちは。唐木です。

ちょっと前のことですが、こんなことが
あったんです。

セミナー告知のために
「FAXDM」を送ったのですが、
価格は1万円で、
申込反響率はだいたい.2〜0.6%。

結果としてはまぁまぁよかったんじゃ
ないかなと思います。

で、僕はefaxを使っていますので、
FAXの受信は紙ではなく
メールでの受信になるわけです。

なので、受信確認のために
メールを開くわけですが、
中には「求めているものと別の反響」
も交じっています。

そうです。「配信拒否」の通知です。
そりゃそうですよね。

ワンサカと売り込みのFAXが来る訳ですから、

僕のFAXDMも、
「またいらんもん送ってきよった」
そう思われる方がいることは理解出来ます。

で、中にはありがたいことにメッセージ付きの
FAXもあるんですよね。

面白かったのは、

「これを見たら必ず電話ください」


という書き込み。

お〜こわ。


「いや〜、すごい怒ってるんやろうなぁ〜…
電話して怒られるの、嫌やなぁ〜…」

と、浮かない気持ちから気持ちを切り替え、
勇気を振り絞って電話してみたのです。

プルルルル…

プルルルル…

プルルルル…

先方:
「はい、〇〇です。」

私:
「あの、私、FAXをお送りした者ですが、
『電話するように』を書かれていましたので、
お詫びも兼ねてお電話差し上げたんですが…」

先方:

「あぁ、あれね。
ウチね、こーゆーのいっぱい来るんですよ。」

私:
(あれ?あんまり怒っていないな…)

先方:
「こーゆーのね、どうしても伝えたいなら
送ってくれていいんですけどね。
ウチも忙しいんでね。」

私:
(は?伝えたいから送ってんだろ?
こんなダベッてるならヒマやんけ!)
「そうですね…。大変失礼いたしました。
以後、お送りしないようにいたします。」

先方:
「よろしくね。」

よく思うんですけど、
業者さんだったり、
目上の人じゃなかったり、
利害関係のない人だったりすると、

急に態度変えたり、
勝手に約束破ったりする人、
いますよね。

そういう人、たまに会うんですけど、
会うたびにこう思うんですよ。

「これ、お客さんにも同じことしてたり、

お客さんにバレたりしてるんだろうな〜」


って。

で、そういうところ、決まって業績も悪い。
具体的に統計とってないけどね。

不誠実をした人から直接、
しっぺ返しは来はないかもしれませんが、
その不誠実は誰かが必ず見てますよ。
なので、人によって態を度変えないよう、
気をつけておる次第でございます。



-長期利益のマーケティング, 顧客とよい関係を育むヒント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

必要以上の遠慮は必要ない。

こんにちは。唐木です。 先日、 娘と一緒に公園に遊びに行ったのですが、 まるで自分を見ているようで、 つくづく、 子どもは本当に鏡だな と思いました。 たとえば、 水汲み場にたくさんの子どもがいます。 …

販促をする際は属性を理解することが当たり前で極めて大事なこと。

こんにちは。唐木です。 先日は 「YouTube方法論セミナー」に参加しました。 最近注目を集めているメディア、YouTube。 ノウハウを公開している本や、 セミナーを開催する人は増えてきました。 …

マーケティングアレルギーな人に読んでほしいエントリー。

こんにちは。唐木です。 コンサルティングという生業上、「マーケティング」をよく手段として使います。この「マーケティング」という言葉って「何となくわかって何となく使えて何となく通じた風になる言葉」の代表 …

ビジネスモデルをゼロリセットしてみると面白い。

こんにちは。唐木です。 長年同じ仕事、 長年同じ業種に携わっていると、 発想が凝り固まるものです。 今日、長男の出生届を出してきました。 近所の区役所に朝イチで行ったのですが、 3月末という変わり目の …

「一生来店してくれるお客さん」を増やすにはコレしかない。

こんにちは。唐木です。 今日は来店動機やリピートを促進するシンプルな方法についてお話しいたします。 私、この店、好きなんです。 特定のクライアントとの打ち合せの際、大抵、ここを最優先でチョイスしてしま …

アーカイブ

ソーシャルメディア