長期利益のマーケティング 顧客とよい関係を育むヒント

その不誠実な対応、誰かに見られていますよ。

投稿日:2014年3月21日 更新日:


こんにちは。唐木です。

ちょっと前のことですが、こんなことが
あったんです。

セミナー告知のために
「FAXDM」を送ったのですが、
価格は1万円で、
申込反響率はだいたい.2〜0.6%。

結果としてはまぁまぁよかったんじゃ
ないかなと思います。

で、僕はefaxを使っていますので、
FAXの受信は紙ではなく
メールでの受信になるわけです。

なので、受信確認のために
メールを開くわけですが、
中には「求めているものと別の反響」
も交じっています。

そうです。「配信拒否」の通知です。
そりゃそうですよね。

ワンサカと売り込みのFAXが来る訳ですから、

僕のFAXDMも、
「またいらんもん送ってきよった」
そう思われる方がいることは理解出来ます。

で、中にはありがたいことにメッセージ付きの
FAXもあるんですよね。

面白かったのは、

「これを見たら必ず電話ください」


という書き込み。

お〜こわ。


「いや〜、すごい怒ってるんやろうなぁ〜…
電話して怒られるの、嫌やなぁ〜…」

と、浮かない気持ちから気持ちを切り替え、
勇気を振り絞って電話してみたのです。

プルルルル…

プルルルル…

プルルルル…

先方:
「はい、〇〇です。」

私:
「あの、私、FAXをお送りした者ですが、
『電話するように』を書かれていましたので、
お詫びも兼ねてお電話差し上げたんですが…」

先方:

「あぁ、あれね。
ウチね、こーゆーのいっぱい来るんですよ。」

私:
(あれ?あんまり怒っていないな…)

先方:
「こーゆーのね、どうしても伝えたいなら
送ってくれていいんですけどね。
ウチも忙しいんでね。」

私:
(は?伝えたいから送ってんだろ?
こんなダベッてるならヒマやんけ!)
「そうですね…。大変失礼いたしました。
以後、お送りしないようにいたします。」

先方:
「よろしくね。」

よく思うんですけど、
業者さんだったり、
目上の人じゃなかったり、
利害関係のない人だったりすると、

急に態度変えたり、
勝手に約束破ったりする人、
いますよね。

そういう人、たまに会うんですけど、
会うたびにこう思うんですよ。

「これ、お客さんにも同じことしてたり、

お客さんにバレたりしてるんだろうな〜」


って。

で、そういうところ、決まって業績も悪い。
具体的に統計とってないけどね。

不誠実をした人から直接、
しっぺ返しは来はないかもしれませんが、
その不誠実は誰かが必ず見てますよ。
なので、人によって態を度変えないよう、
気をつけておる次第でございます。



-長期利益のマーケティング, 顧客とよい関係を育むヒント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

市場がなくなりそうなものほど、残しておこう。

こんにちは。唐木です。 子どもと公園に一緒に行くと、 しばしばこのような商売を見かけます。 アイスキャンデーを売っている人、 たこせんなどの駄菓子を売っている人、 紙芝居をやっている人。 いるんですよ …

付加価値発想ではなく、物の見方を変えさせる発想で。

  目次1 ・付加価値という言葉のマジック2 ・例えば「メイソンジャー」の話3 ・物の見方を変える前に大事なこと ・付加価値という言葉のマジック こんにちは。唐木です。 お客さんにとっての自 …

操作主義なマーケティングはやればやるほど自滅な件

こんにちは。唐木です。 むかーし、専門学校のコンサルティングをしていた時、歩留り率(成約率)を上げる方法がありまして、それを一言で言うと「順番」でした。 オープンキャンパスという舞台で、体験、集合、個 …

売上と居心地のバランスをとる。

こんにちは。唐木です。 お店って、 ちょっとした変化で また行きたくもなるし、 もう行きたくなくなる。 その両方の可能性があります。 先日、 カフェで仕事をしていましたが、 ここが結構いいんです。 こ …

必要以上の遠慮は必要ない。

こんにちは。唐木です。 先日、 娘と一緒に公園に遊びに行ったのですが、 まるで自分を見ているようで、 つくづく、 子どもは本当に鏡だな と思いました。 たとえば、 水汲み場にたくさんの子どもがいます。 …

アーカイブ

ソーシャルメディア