長期利益のマーケティング 自社にあった販促の選び方

チラシを入れなきゃならんというわけではない。

投稿日:2014年4月6日 更新日:


こんにちは。唐木です。


あなたのお家のポストに
こんなものが入っていたこと、あります?

日野宗尚表

先日ウチのポストに入っていたのですが、
どこからどー見ても怪しい。


で、裏面を見てみると、こんな感じです。

日野宗尚裏


怪しすぎる………。


「つまりはこうしてほしいんだな」
という誘導コピーですが、
これも どうしていいかわかりにくい。


怪しいモノには近寄りたくなる性分。
仕方ないので(何も仕方なくないが)
Google先生に聞いてみます。


見てみると、
名前も予測変換で出てくるし、
同じ画像も結構出てくるし、
ブログやNAVERまとめなんかでも
結構書かれているんですよ。
「何者なん?」ってことで。

つまり、 ウチとおんなじように、
ポストに この怪しげな
「名刺らしきもの」
入っていた人は他にもいるし、
その数は多いかもしれない
ということです。


中には、
「ウチ世田谷ですが入っていました」
「ちなみにウチは神奈川です」
などなど、
かなり広範囲じゃありませんか。


これ、選挙のときにも思ったのですが、
普段ポストに入っていないものが
ポストに入っていると、
結構インパクトがありますよね。


選挙のときは、維新の会の人の名刺が
ウチのポストに入っていました。


名前は忘れましたが、

・ポストに名刺が入っていた
・維新の会の政治家だった

という事実だけは覚えています。

チラシやDMはゴミ箱直行の場合が
多いですが、名刺だと違和感がある。

違和感があるから調べたくなる。
ゴミ箱直行の確率が少なくなる。
そう思います。
現に自分がそうですし。

なので、ポスティングするなら
たまにはチラシよりも名刺をポストイン
する、というのもアリではないかと。

で、肝心の「何者なん?」ということですが、
個人活動家のようです。

こうやってネットに書き込まれたり、
それによってウワサになったり、
サイトを見る人も増えたわけですから、
ひとまず狙いは成功ですよね。

興味とお時間がある方はどうぞ。


-長期利益のマーケティング, 自社にあった販促の選び方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

お昼の新番組を見てみたのだが。

こんにちは。唐木です。 約31年半続いたお昼の長寿番組、 「笑っていいとも!」が終わりました。 この後釜の枠に納まっているのが、 「バイキング」という番組。 MC(司会)が曜日毎に入れ替わるらしい の …

便利さに乗っかって消えて行くもの③

こんにちは。唐木です。 またまた先日のエントリーに引き続き、 便利さに乗っかって消えて行くものを 取り上げてみたいと思います。 それは、「手売り」です。 これも アナログ集客の1つになりますから、 分 …

便利さに乗っかって消えて行くもの②

こんにちは。唐木です。 先日のエントリーに派生して ちょっと書いてみます。 便利さに乗っかることで消えがちなもの。 他には「アナログ集客」が あげられると思います。 しかも、 アナログな集客方法の中で …

物語の一部に関わると応援したくなる。だから、手売りはエキサイティング。

こんにちは。唐木です。 以前のエントリーでも書いたのだが、 やっぱり手売りはエキサイティング。 改めて痛感する次第だ。 西野さんの独演会チケット、 直接買ってみることで そのエキサイティングを体感した …

便利さに乗っかって消えて行くもの①

こんにちは。唐木です。 何かで読みましたが、 かつてないほど、現代は起業に必要なコストが劇的に下がった時代である という件がありました。 サーバーやドメイン費用を払えば すぐにサイトを立ち上げられます …

アーカイブ

ソーシャルメディア