自分マネジメント 野球 スポーツからビジネスへのヒント 自助努力による成長へのヒント

仕事も、ファインプレーはいらない。

投稿日:2014年4月11日 更新日:


こんにちは。
プロ野球が開幕しましたが、毎年、
順位予想がことごとく外れる唐木です。


順位予想が外れる。
この点に関しては野球評論家並みです。
まぁ、それだけ評論家も私もたいして
アテにならないわけですが、
それなりに見る目はあるつもりです。

今年もセ・リーグは、“巨人一強”で
ペナントが進んで行きそうですが、
それだけ、
勝てるチームと
勝てないチームの間には、
はっきりと、
大きな溝があります。
その差は一体どこにあるのでしょう?

野球①(m-c)

1つ、はっきり言えるのは、
「凡ミスの少なさ」です。

例えば、守備でも攻撃でも
“ムラのある選手”がいます。

こういった選手の特徴は、
固め打ちやたまのファインプレーといった
派手なプレーで観客を魅了しますので、
結構ファンが多い。(特に野球初心者の)

そういった選手に多く見られますが、
簡単なプレーを雑に扱う
傾向があります。

守備だとイージーなゴロをお手玉する。
結果、展開が悪くなり、点を取られる。

打撃だと何でもかんでも振りにいく。
結果、難しい球に手を出し、点を取れない。

これじゃ勝てるはずがないのです。
コンスタントに好成績を残せない選手だと、
ベンチも安心して使えない。
これではレギュラーはとれないのです。

仕事でも同じです。
雑にやっていないか、
ということです。

私は、
働く人、1人1人が自覚を持って
自分の才能や能力に向き合い、
自分でそれらを伸ばしたり、
マネタイズしたりしていく。
それが大事だと強く思っています。

そうすれば、会社は思いっきり伸びます。
それ以前に、個人が伸びます。
それが予想を超える成長になります。
だって、効率がものすごくいいから。

その成長とは、 何も量的な成長に限りません。
質的な成長もあるでしょう。
具体的に目に見える成長だけではない、
ということです。

窮屈にやる必要は全くありません。
ですが、凡ミスをなくす。
しなくてもいいミスをなくす。
これはとても大事です。
そのためには、雑にしない。
極端な話、
仕事でファインプレーはいらない
といってもいいのです。
その前に凡ミスをなくす。

私の順位予想が当たらないのも、
予想が“雑”だからです。

-自分マネジメント, 野球, スポーツからビジネスへのヒント, 自助努力による成長へのヒント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

続ける工夫にも「これさえやれば!」みたいなものは案外あるもんだ。

こんにちは。唐木です。 この一ヶ月くらい、家族でちょっとした「実験らしきもの」をやってみました。これ、いろいろ応用できて、効き目もありそうな「ノウハウの種」なので書いておこうと思います。 ▼ウチには3 …

すぐ役立つことは、すぐ役立たなくなる。

こんにちは。唐木です。 この本、とてもよかったです。 奇跡の教室 (小学館文庫) だいぶ前に買っていて、本棚の奥の方で静かにその時を待っていてくれたわけですが、ようやく日の目を見る時が来たようです。や …

目利きは”両稽古”から。

こんにちは。唐木です。 先日のFacebookでの投稿なのですが、 同世代からの共感が多かったので 引用しつつ諸々を綴りたいと思います。 ▼先日、 私物珠玉のジーンズ1本がリペアの旅より 帰還しました …

必要以上の遠慮は必要ない。

こんにちは。唐木です。 先日、 娘と一緒に公園に遊びに行ったのですが、 まるで自分を見ているようで、 つくづく、 子どもは本当に鏡だな と思いました。 たとえば、 水汲み場にたくさんの子どもがいます。 …

タブーが答えのこともある。

こんにちは。唐木です。 松坂大輔が、いい。 いい、とは、ちゃんと結果が出ている。 そういうことです。 今月16日、メジャー昇格を果たし、 19、20日の2試合連続のリリーフ起用、 見事、2試合とも無失 …

アーカイブ

ソーシャルメディア