自分マネジメント 野球 スポーツからビジネスへのヒント 自助努力による成長へのヒント 組織論・チーム論的なもの コミュニケーションのヒント

仕事の想像力は、後づけで身につけられる。

投稿日:2014年4月12日 更新日:


こんにちは。唐木です。
前回の記事でこんなことを書きました。

野球でも、 勝てるチームと勝てないチームには
はっきりとした大きな溝がある。
それは“凡ミスの少なさ”であり、
それは“雑でないこと”から来る。
そんな話です。

そこで、雑でないこと、
言い換えると「丁寧さ」になりますが、
それはどこから来るのでしょうか?

これ、想像力が大きいと思います。
想像力とは、文字通り、想像する力。
では、何を「想像」するのか?

それは、
相手の性格、立場、状況です。
それらが想像できれば、
伝え方も行動も変わるのです。


a0001_017267
働くことはただそこで群れることではない


結果、仕事の仕方が変わる。
自分がどうすれば、
周りの人は仕事がしやすくなるのか?
自分がどうすれば、
周りの人は気分よく仕事ができるのか?
自分がどうすれば、
スムーズになって時間も短縮できるのか?

それは、
いつもよりちょっと大きめな声の挨拶
かもしれないし、
いつもよりでっかい声で笑うこと
かもしれないし、
いつもより1つだけ余分に仕事をすること
かもしれない。

自分から進んで返事をすることもあります。

これらは全部、
ちょっとしたことだし、スキルでもあります。
だから、誰でもできるのです。

逆に、想像力のない仕事の典型例は、
「自分のことだけやる人」
のことです。

自分のことだけやる人は、
仕事は他人事です。

そういう人は、
自分の仕事が増えたり、
面倒に関わったりすることを避けます。

そりゃわかりますよ。
誰だって面倒は嫌ですから。
でも、それだと寂しいし、
自分から変えないと全員が他人事になる。
その結果、無関心な組織が出来上がる。

どっかのプロ野球チームみたいに、
バラバラのベンチワーク、
雑なプレーのオンパレードになるのです。

クライアントのスタッフさんでも、
「想像力」を持っている人の仕事の仕方は
やはり違います。

報告、連絡、相談がマメだったり、
個人に気づいてほしいことを個人に言わず、
全体に発信することで気づいてもらうような
立場への配慮があったり。

1人1人が ちょっとした想像力と、
ちょっとした実行力の両方があれば、
それだけで解決出来る事は多いのです。
単純に考えようぜぇ〜。

-自分マネジメント, 野球, スポーツからビジネスへのヒント, 自助努力による成長へのヒント, 組織論・チーム論的なもの, コミュニケーションのヒント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

DNA検査やってみました。

こんにちは。唐木です。 今日はちょっとした“遊び”の提案です。 役に立つかもしれない“遊び”です。 ▼ 先日、遺伝子検査の検査結果が届きました。 遺伝子検査といっても親子関係の有無を検査するアレではな …

八方美人な自分にお困りの方へ

こんにちは。唐木です。 1日1人に嫌われろ。 むかーし、アメリカの有名なマーケッターらしいダン・ケネディが言った言葉のようで、結構この言葉って覚えているんですよね。ただ、言葉の定義ってすべての人でその …

採用でハズす確率を下げる「物差し」のつくり方

こんにちは。唐木です。 採用って100%正解はないはずなのに、それを求めたがるものだと思います。それだけ大事なイベントだということですね。 だとしたら、成功しようが失敗しようが、後悔しないためにも「採 …

自分の「キャラ」をうまく活用する方法

こんにちは。唐木です。 先日、久々に大阪に来た友人と食事をしていまして、こんな話になりました。 「唐木ちゃん、キングダムで誰が好き?」 35歳のいいオッサン同士が話していることなんて所詮こんなものです …

他人が理解出来ない人のための「少しでも他人を理解するヒント」。

こんにちは。唐木です。 たぶん、他のコンサルに比べて結構重んじていることの1つに、「個別の理解」があります。これは会社そのものの理解でもありますし、そこで働く人1人1人をなるべく理解するということでも …

アーカイブ

ソーシャルメディア