自分マネジメント 本のレビュー+私見 自分を知る方法

答えが知りたきゃ…

投稿日:2014年4月15日 更新日:


こんにちは。唐木です。

先日、こんな本を読みました。

わかっちゃった人たち

わかっちゃった人たち 悟りについて普通の7人が語ったこと

一般的な考えからすると、
「悟り」とはなんとも怪しいものです。
ですが、合っちゃったんですよね。目が。
この本と本屋さんで目が合って、
私を離さないわけです。
そりゃ買うしかないでしょう。

で、買う前に中を見てみると、
インタビューされた人の中には
経営コンサルタントもいました。

特に経営コンサルタントって、
職業としては対極のイメージですからね。
このあたりも惹き付けられた理由の1つ。

それと、 面白いのはテーマだけではありません。
この本にも書かれていますが、
取材対象は 「一般の無名の人達」です。

世間ですでに認められていているような
人の話になると、

「それはあの人だから」

と、特別な人にしか起こりえない体験だと
思われるからだそうです。

つまり、悟りや覚醒を
「誰にでも起こりうる体験」として
取り扱っているのが、本書なのです。
ま、何か買う理由があったのでしょう。

で、内容なのですが、
それを書いちゃうと「ネタバレ」なので、
1つ「気になったこと」をお伝えします。

悟りが開ける、開けない云々ではなく、
ここで紹介されている「開けた人たち」の
共通点が1つあったように思います。

それは、
「探求した」
ということです。

悟りというものを1つの終着点とすると、
誰もがプロセスも結果も形は違えど、
探求したからこそ、
辿り着けた
のだと、私は解釈しています。

反動も似たようなものです。
振り子でも、
一方に振れるからこそ、
もう一方に振れます。
一方へ大きく振れれば振れるほど、
その分振れ幅が大きくなります。

物語のパターンでも同じです。
最後のステージは「帰還」と呼ばれます。
正確には、
リターン・ウィズ・ジ・エリクサー。
つまり、「宝を持ち帰っての帰還」です。

旅のプロセスで多くの教訓に対峙し、
犠牲を払ってきているからこそ、
宝=報酬を最後に得ることができる、
というわけです。

ですから、何でもいいと思います。
身近な自分が興味のあることや、
興味があって持続出来そうなものを
どんどん探求してみる。

その過程で人と交わったり、
自分から差し出したりしてみる。

何の役に立つかわからないことでも
役に立つかどうかなんて考えないで、
どんどん探求する。

利益になるかどうかわからないことでも
利益になるかどうかなんて考えないで、
どんどん探求する。

それらを徹底的にやる。


答えが知りたきゃ

「とにかくやってみーよ」
というのは、
あながち適当なアドバイスでは
ないかもしれません。

自分をつくりかえなければいけない
というわけでは決してないけれど、
つくりかえるには、
それが有効な手段。 そう感じました。


気になった人は読んでみてくださいね。
普段こういうものを読まない人ほど、
楽しめると思います。
ま、悟りが開ける本ではありませんから。


自分から意識して、常識と自分の枠の
「圏外」に行くことが大事ですよ。

私はそう意識しています。

-自分マネジメント, 本のレビュー+私見, 自分を知る方法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

話しベタのための人前で話すコツ

こんにちは。唐木です。 「私、人前で話すのが苦手なんです…」 そういう人は多いですが、何を隠そう、 この私も得意ではありません。 コンサルは人前で話す職業ですから、 この弱点はホンマ、致命的です。 昔 …

no image

潔いかい?

こんにちは。 雨の日の方が花粉症がヒドイ唐木です。 「潔い」ってやっぱ大事だと思うんですよ。 これ、今この瞬間にふと思い出したことなんですが、 前職の先輩でこんな人がいたんです。 その人はリーダーとい …

仕事も、ファインプレーはいらない。

こんにちは。 プロ野球が開幕しましたが、毎年、 順位予想がことごとく外れる唐木です。 順位予想が外れる。 この点に関しては野球評論家並みです。 まぁ、それだけ評論家も私もたいして アテにならないわけで …

連載依頼が絶えない人がやっているシンプルな1つの習慣

こんにちは。唐木です。 なんだかんだいって“スピード感”を持って取りかかることは大切なことだと思います。 最近、私も社会人10年目を超え、ようやく時間管理がまともに出来るようになって来たという何とも手 …

仕事の想像力は、後づけで身につけられる。

こんにちは。唐木です。 前回の記事でこんなことを書きました。 野球でも、 勝てるチームと勝てないチームには はっきりとした大きな溝がある。 それは“凡ミスの少なさ”であり、 それは“雑でないこと”から …

アーカイブ

ソーシャルメディア