自分マネジメント 自助努力による成長へのヒント

どっちを選ぶ?

投稿日:2014年4月17日 更新日:


こんにちは。唐木です。
どっちがいいか迷った時、
あなたの選択基準
はどんなものですか?

私はとても優柔不断な性格で、
なかなか即断即決が出来ません。

以前、友人に性格分類(?)なるものを
みてもらいました。

その分類では
人は12の類型に分類されるようで、
それを生年月日から算出します。

見てもらったところ、
私は12の類型のうち
「最も決めるのに時間がかかるタイプ」
だそうです。

そう言われて何の違和感もないほど、
自分でも自覚があるのでしょう。

さて、話を戻します。
選択に迷った時の判断基準ですが、
極めて優柔不断な私でも
これなら 
と思える判断基準があります。

それは、

どっちでもいい 

ということです。
判断基準とはいえないかもしれませんが、
本当にどっちでもいいと思います。

どっちでもいいからこそ、
楽しそうな方を選んでもいいし、
直感で選んでもいいと思います。
なぜなら、
どっちが正解かはわからないからです。

だって、
「前提条件」って違いますよね?
選択する時の前提条件です。

同じ二択でも、
選択する際の条件が違えば
答えは違うはずです。

条件とは、
選択する「人」かもしれないし、
選択する「場所」かもしれないし、
選択する「時間」かもしれません。

要は、
正解を左右する要因は
無数にあり、
その要因は変数であり、
変数である限り変化し続ける、
ということです。

だから、
直感でもいいし、
楽しそうでもいい。
どっちかを「自分で」選択して、
進んでみる。
進み切って「選択した答え」が
“結果的に”合わなく
なって来たら、

そこでまた選択を変えればいい。
そう思います。

むかーーーし
マルコム・グラッドウェルさんの
第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が
正しいを読みましたが、
出オチのようなこのタイトルのように、
直感は正しいことが多い。

なので、
迷ったらどっちでもいいから選んでみる。
直感に従い、主体的に選択する。
そうすれば、
長期的に間違いないはずです。


 

-自分マネジメント, 自助努力による成長へのヒント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「好きを仕事に」ってウソ?

「好きなことして食えている人って、どれくらいいるのかな?」 昨日、先輩社長と肉をつつきながらこんなフレーズが出ました。 「好きを仕事にする」というキーワード。一時期流行りましたよね。好きなことを仕事に …

no image

「ズレ」を確認する。

こんにちは。 伝えることも、 理解することも、 む・ず・か・し・い〜〜〜 と毎日感じる、唐木です。 このブログの目的の1つに、 「自分の言語化能力を高める」 というものがあります。 友人の和田サンのF …

1万時間の法則から、仕事で伸ばすスキルについて考えてみる(その3)

  目次1 継続そのものに差をつける条件2 1つ目、競合が少ないとは?3 2つ目、専門性が高いとは? 継続そのものに差をつける条件   こんにちは。唐木です。   ここ2 …

自信の出元。

こんにちは。唐木です。 心屋仁之助さんのブログで紹介されていた この本、ひじょーーーに、よかった。 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 よかった、というのは、 ストンと …

続ける工夫にも「これさえやれば!」みたいなものは案外あるもんだ。

こんにちは。唐木です。 この一ヶ月くらい、家族でちょっとした「実験らしきもの」をやってみました。これ、いろいろ応用できて、効き目もありそうな「ノウハウの種」なので書いておこうと思います。 ▼ウチには3 …

アーカイブ

ソーシャルメディア