自分マネジメント 自助努力による成長へのヒント

どっちを選ぶ?

投稿日:2014年4月17日 更新日:


こんにちは。唐木です。
どっちがいいか迷った時、
あなたの選択基準
はどんなものですか?

私はとても優柔不断な性格で、
なかなか即断即決が出来ません。

以前、友人に性格分類(?)なるものを
みてもらいました。

その分類では
人は12の類型に分類されるようで、
それを生年月日から算出します。

見てもらったところ、
私は12の類型のうち
「最も決めるのに時間がかかるタイプ」
だそうです。

そう言われて何の違和感もないほど、
自分でも自覚があるのでしょう。

さて、話を戻します。
選択に迷った時の判断基準ですが、
極めて優柔不断な私でも
これなら 
と思える判断基準があります。

それは、

どっちでもいい 

ということです。
判断基準とはいえないかもしれませんが、
本当にどっちでもいいと思います。

どっちでもいいからこそ、
楽しそうな方を選んでもいいし、
直感で選んでもいいと思います。
なぜなら、
どっちが正解かはわからないからです。

だって、
「前提条件」って違いますよね?
選択する時の前提条件です。

同じ二択でも、
選択する際の条件が違えば
答えは違うはずです。

条件とは、
選択する「人」かもしれないし、
選択する「場所」かもしれないし、
選択する「時間」かもしれません。

要は、
正解を左右する要因は
無数にあり、
その要因は変数であり、
変数である限り変化し続ける、
ということです。

だから、
直感でもいいし、
楽しそうでもいい。
どっちかを「自分で」選択して、
進んでみる。
進み切って「選択した答え」が
“結果的に”合わなく
なって来たら、

そこでまた選択を変えればいい。
そう思います。

むかーーーし
マルコム・グラッドウェルさんの
第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が
正しいを読みましたが、
出オチのようなこのタイトルのように、
直感は正しいことが多い。

なので、
迷ったらどっちでもいいから選んでみる。
直感に従い、主体的に選択する。
そうすれば、
長期的に間違いないはずです。


 

-自分マネジメント, 自助努力による成長へのヒント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マイ喫煙ルームのススメ。

こんにちは。唐木です。 ふと、こんなことを思い出しました。 「喫煙ルームに通う人の出世率が高かった」 というものです。 ▼会社員時代、タバコを吸う人のために喫煙ルームが一カ所ありました。私はタバコを吸 …

海外に永住出来るシニアと日本に戻るシニアの違い

こんにちは。唐木です。 永住出来るシニアと出来ないシニアの違い。 これ、マレーシア在住の先輩に昔教えてもらったことがありまして、未だによく覚えているエピソードです。 「余生はゆっくりと海外で」 そんな …

no image

潔いかい?

こんにちは。 雨の日の方が花粉症がヒドイ唐木です。 「潔い」ってやっぱ大事だと思うんですよ。 これ、今この瞬間にふと思い出したことなんですが、 前職の先輩でこんな人がいたんです。 その人はリーダーとい …

「先送り」は生物学的に正しい、ようです。

こんにちは。 生き残るというキーワードに反応する 唐木です。 この本、面白かったです。 「先送り」は生物学的に正しい 究極の生き残る技術 (講談社プラスアルファ新書) 著者は、岡山大学大学院、 環境生 …

変化は突然やってくるし突然来たようにも見える。

こんにちは。唐木です。 変化って、徐々に起こっているけど突然起こったように見えるものだと思うんですよね。 ▼ 現在、フィジカルとメンタルの両方のトレーニングを兼ねてランニングを続けています。元々、学生 …

アーカイブ

ソーシャルメディア