長期利益のマーケティング ネーミング コピーライティング

よい売れ方をするコピーの紡ぎ方。

投稿日:2014年5月4日 更新日:


こんにちは。唐木です。
様々な業種の店舗での
マーケティング支援をさせてもらうと
つくづく「やっぱりそうだよなぁ」と
思うことがあります。

それは、
本当にいいコピーは
現場の人にしか書けない
ということです。

ここでいう本当にいいコピーとは、
コンセプトに共感する属性に刺さり、
欲しいと思っていた人の琴線に触れ、
背中を押して上げる。
潜在的に欲しいと思っていた人の心に
一筋の光を灯す。

結果、
その人に豊かな未来を提供出来る。
もちろんながらムダな煽りはいれない。
短期収益をMAXにするだけの、
副作用バリバリのコピーにはしない。

気持ちよく買ってもらい、
気持ちよい生活や未来が提供でき、
気持ちよい関係が続いていく。
そういうお客さんが積み重なって行く。
長く商売するには、それが理想的。

で、 コンサルティングという生業上、
チラシなどのアナログ媒体から
サイト上でのコピーまで、
クライアントの媒体全般のコピーを
紡ぎだす仕事もするわけですが、

そのために、
市場調査や競合との比較をしたり、
インタビューをしたりすることで、
商品とお客の理解を進めます。
その上で、コピーを紡ぎだします。

そこで毎回起こるパターン。
それは
「ちょっと違う」
ということ。

この原因は明確で、
「自分が商品に接している時間が少ない」
ということです。

じゃあ、
一番商品に接している時間が長くて、
一番商品のことを理解し、愛し、
一番属性に刺さるポイントを知っている
のは一体誰なのか?

それは社長だったり、
現場のスタッフだったりするのです。

ただ、たいていの場合、
その属性に刺さるポイントが
言語化できなかったり、
キーワード止まりだったりします。

だから、
質問で引き出してあげたり、
表現のコツをお伝えしたりします。
あとは慣れ、です。

なので、
より正確に言いますと、
本当にいいキーワードは、
現場の人からしか出ない
ということです。

-長期利益のマーケティング, ネーミング, コピーライティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

販促をする際は属性を理解することが当たり前で極めて大事なこと。

こんにちは。唐木です。 先日は 「YouTube方法論セミナー」に参加しました。 最近注目を集めているメディア、YouTube。 ノウハウを公開している本や、 セミナーを開催する人は増えてきました。 …

よい商品を持つ会社にはよい流れに —「コンテンツSEO」

  目次1 そもそもの検索エンジンの役割って?2 そもそも「良いコンテンツ」とは?2.1 ・良いコンテンツの条件1=ユーザーに有益なもの2.2 ・良いコンテンツの条件2=Googleの評価が …

自然に売れるテクニック。

こんにちは。 唐木です。 先日、 親戚のおじさんが亡くなりました。 そんなわけで兄弟から 緊急のメールが私の元に届いたのですが、 ちょっと驚きました。 一部ピックアップすると…—&#821 …

売上と居心地のバランスをとる。

こんにちは。唐木です。 お店って、 ちょっとした変化で また行きたくもなるし、 もう行きたくなくなる。 その両方の可能性があります。 先日、 カフェで仕事をしていましたが、 ここが結構いいんです。 こ …

市場がなくなりそうなものほど、残しておこう。

こんにちは。唐木です。 子どもと公園に一緒に行くと、 しばしばこのような商売を見かけます。 アイスキャンデーを売っている人、 たこせんなどの駄菓子を売っている人、 紙芝居をやっている人。 いるんですよ …

アーカイブ

ソーシャルメディア