長期利益のマーケティング 自社にあった販促の選び方

便利さに乗っかって消えて行くもの③

投稿日:2014年5月17日 更新日:


こんにちは。唐木です。

またまた先日のエントリーに引き続き、
便利さに乗っかって消えて行くものを
取り上げてみたいと思います。

それは、「手売り」です。

これも
アナログ集客の1つになりますから、
分類方法は間違っていることになります。
ですが、それはまぁ置いておきましょう。


手売りって、
おそらくどの世代でも
ワクワク
ドキドキ
楽しいアプローチ手段
になりうるものです。

年配の方々にしてみてれば、たぶん、
昔から慣れ親しんだやり方でしょうし、

ネットリテラシーの高い若い人にとったら
「会える」「手渡し」というのは
逆に新鮮なアプローチでしょう。
AKB方式よろしく、
「会える」というのは付加価値なわけで。
※これらの括り方が雑なのも置いておく


以前のエントリーでも少々書きましたが、
キングコングの西野さんも自身の
独演会のチケットを手売りしていまして、

非常にアナログなやり方だが、そもそも「アナログ」という言葉がもはやオッサンの言葉で、今はアナログを知らない世代が出てきている。 そんな彼らにしてみればアナログは初めて体験する世界で、最先端なのだ。 これが独演会のチケットを手売りしようと思った理由の一つ。券売の段階からドキドキさせたいじゃない(^-^) 2014.5.10Facebookより引用


という風に仰ってる。

そうだよなーと思うわけです。
西野さんみたいに、
効率的に広範囲にアプローチできる
ネットのよさを使いながら、
手売りという、
非効率で対面のアプローチを同時にとる。

便利さに乗っかって消えて行くものを
うまく踏まえて乗り越えているわけです。

これ、いいね。
▼ 便利さに乗っかって
消えるモノをプラスするシリーズ

便利さに乗っかって消えて行くもの①
便利さに乗っかって消えて行くもの②

-長期利益のマーケティング, 自社にあった販促の選び方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

時には「書」を捨て、「街」に出よう。そして自分の頭で感じよう、考えよう。

目次1 体験は何より重要な情報源2 それは「お客思考」か?それとも「お店思考」か? 体験は何より重要な情報源 こんにちは。唐木です。   先日、久々に都内をゆっくりと歩く機会がありました。お …

no image

ドブ板選挙ならぬドブ板集客。

こんにちは。唐木です。 もうすぐ大阪市長の出直し選挙ですが、 私の住んでいる下町では、そんな気配は 大して感じられません。 橋本徹氏と、マック赤坂氏のポスターが 春風に揺られながら寂しく貼り出されて …

スタンドの売り子さんの売上の差って、たぶんその差はちょっとしたところにある。

こんにちは。唐木です。 昨日は、昔のクライアントから電話があったり、東京の友人が大阪の、しかも結構近所に引っ越すお知らせが来たり、酒井さんの勉強会でたまたま知り合った山口さんにブロックをはずしてもらっ …

顧客管理が、売上やリピートや購入点数だけで貢献度をはかるだけで捉えちゃうと、いかがなもんかな。

こんにちは。唐木です。 コメダ珈琲っていいですね。 はじめて行きましたけど、近くにあったらリピートします。パンもコーヒーもサイズが大きめでいいし、席間もそれなりにとってあるから落ち着いて食べられます。 …

マーケティングアレルギーな人に読んでほしいエントリー。

こんにちは。唐木です。 コンサルティングという生業上、「マーケティング」をよく手段として使います。この「マーケティング」という言葉って「何となくわかって何となく使えて何となく通じた風になる言葉」の代表 …

アーカイブ

ソーシャルメディア