長期利益のマーケティング 伝わる価値の伝え方

数値化、見える化は1つの発明である。

投稿日:2014年5月23日 更新日:


こんにちは。唐木です。

見えるようにするって、
それだけで大きな価値があります。


結構前に流行った(?)言葉でいうと、
「見える化」とでもいうのでしょうか。

見える化の対象はいろいろあります。

たとえば、
会社でも人でも何でもいいですが、
「それらの内面」のような
「ハッキリと目に見えにくいもの」が
見える化の対象としてあげられます。

何が課題問題かがハッキリする、
何から手をつけていいかハッキリする、
モヤモヤや不安、胸のつっかえがとれる、
などなど、見えるようにすることで
プラスになることが多い。

なので、
課題問題を、全体像と往復しながら
整理整頓していったり、
クライアントの頭の中自体を雑談を通じ
整理整頓していったりするのは、
コンサルタントの大きな仕事の1つになる
というわけです。


パリにある
世界最古のファッション教育機関、
“エスモード”の創設者である
アレクシス・ラヴィーニュは、
エスモードの創設者であると同時に、
マネキンとメジャーの
生みの親

でもあります。

それまでのファッション技術習得は、
感覚的で、見習による習得しか
方法がありませんでした。

そこにマネキンとメジャーによる
視覚化、数値化を持ち込み、
体系的に教育を提供することが
可能になりました。

それにより、
ファッション技術の発展は
加速することになります。


これ、画期的なことじゃないです?

想像ですが、
ファッションって当時は今以上に
感覚的に伝えることしかできない、
まさに「見て盗め」な
職人的世界だったのではないでしょうか。

もちろん、
センスによる部分が大だと思いますので、
今でもその要素は変わらないでしょう。

しかし、
技術の伝達は、
数値化によって
より伝えやすくなり、
より伝わりやすくなった
ことは
間違いないように思われます。

ですから、画期的な発明も、
ちょっとしたことからはじまるはず。

そのちょっとしたこととは、
感覚的な分野に数値化を持ち込むなど、
見えにくいものを見えやすいようにしてみる。
データをとる、仕組みにする。
それだけでも十分な発明になるはずです。

-長期利益のマーケティング, 伝わる価値の伝え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

付加価値発想ではなく、物の見方を変えさせる発想で。

  目次1 ・付加価値という言葉のマジック2 ・例えば「メイソンジャー」の話3 ・物の見方を変える前に大事なこと ・付加価値という言葉のマジック こんにちは。唐木です。 お客さんにとっての自 …

小さい会社のための「利益を生み出すポートフォリオ発想」。

性格からビジネスモデルをつくる。社員の能力と仕事を結びつけ、その結果として業績を伸ばすことですが、ここ2回は「人の成長」に焦点を当てたコラムをお届けしました。そこで今回は、「会社のビジネスモデルそのも …

ビジネスにおける「仕組み化」の定義って何か考えてみた。

なんとなくわかっているようでわかっていない言葉ってありますよね? 「仕組み化」という言葉も、そんな言葉の中の1つではないでしょうか。今回はこんなエピソードをもとに、「仕組み化」という言葉に少し触れてみ …

わかりやすく説明しているはずなのに売れない時に見直すこと。

絵本や伝記、小説、漫画、映画などなど……。 私たちが子供の頃から慣れ親しんでいる読み物や映像に共通するのは「物語」です。そんな慣れ親しんだ「物語」は、普遍的な存在です。普遍的なものだからこそ、時にはハ …

no image

お昼の新番組を見てみたのだが。

こんにちは。唐木です。 約31年半続いたお昼の長寿番組、 「笑っていいとも!」が終わりました。 この後釜の枠に納まっているのが、 「バイキング」という番組。 MC(司会)が曜日毎に入れ替わるらしい の …

アーカイブ

ソーシャルメディア