長期利益のマーケティング 顧客とよい関係を育むヒント

売上と居心地のバランスをとる。

投稿日:2014年5月29日 更新日:


こんにちは。唐木です。

お店って、
ちょっとした変化で
また行きたくもなるし、
もう行きたくなくなる。
その両方の可能性があります。

先日、
カフェで仕事をしていましたが、
ここが結構いいんです。

IMG_5360

こんな感じで眺めもいいし、
コーヒーもおいしい。

何より、
天井が高く、席間にゆとりがある。
ギュウギュウで狭苦しくはないのです。

おかげでリラックス出来て、頭がラク。
居心地がいいのです。


むかーし、
何かの記事でこんな話をみたんですけど、
ユニクロなんかも
必要な売上から必要な坪効率を換算し、
コンセプトや中長期的な展望に合わせ、
そこに結びつけられるよう、
什器配列や陳列含め、
店舗デザインを設計に落とし込む。
それをちゃんとデザイナーがやっている。

そんな内容の話だったような、
なんだかうろ覚えの内容です。

もちろん、
これは小売でも飲食でも当たり前の話で、
ちゃーんと売上が立ち、
ちゃーんと利益が残るよう、
坪効率などの指標をベースに
設計しなきゃならんわけです。

たいていのお店はそう考えています。


しかし、
片手落ちになっちゃいけない。
何が片手落ちかって、
売上ばっかり見ちゃうと、
バランスが崩れるわけです。

たとえば、
そのお店が元々、
家でも会社でもない
あなたにとっての第3の場所、
サードプレイス。
居心地のいいあなただけの空間。

そんなコンセプトを掲げていたら、
売上や坪効率から逆算した売場設計は
“いきすぎると”逆効果になってしまう。

売上の最大化をはかりたい。
そのために坪効率を最大化する。
そのために席数を増やす。
そのために席間をちょっとつめる。
そうすると、
確かに売上は増えるかもしれない。
席数も増えるし、
席間が狭いならそんなに長くいれないし。
(つまり回転がよくなる)

だから、
坪効率の最大化をはかった上で
もたらされる売上増は、
もしかすると、
一時的なものになるかもしれない、
ということです。

売上と居心地のバランスが崩れることで、
一時的な売上の代わりに
長期的なリピーターを失っているから。


だから、バランスって
売上と居心地のバランスでもあるし
コンセプトと実態のバランスでもある。

進化ってトレードオフなわけだから、
何かを突出させた代わりに、
何がその代償として失われるのか?

それを考えることで、
バランスを見失わないように したいものだと思います。

-長期利益のマーケティング, 顧客とよい関係を育むヒント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

加齢臭が漂う方法を採用してみる。

こんにちは。唐木です。 先日お誘いいただいたセミナーに出ましたところ、こんなお話を聞いたのです。大雑把にざっくりと(同じ意味ですが)、まとめてみたいと思います。 私の解釈では、「人脈ってのはやっぱり大 …

時には「書」を捨て、「街」に出よう。そして自分の頭で感じよう、考えよう。

目次1 体験は何より重要な情報源2 それは「お客思考」か?それとも「お店思考」か? 体験は何より重要な情報源 こんにちは。唐木です。   先日、久々に都内をゆっくりと歩く機会がありました。お …

ビジネスにおける「仕組み化」の定義って何か考えてみた。

なんとなくわかっているようでわかっていない言葉ってありますよね? 「仕組み化」という言葉も、そんな言葉の中の1つではないでしょうか。今回はこんなエピソードをもとに、「仕組み化」という言葉に少し触れてみ …

伝えるは、順番と繰り返し。

こんにちは。唐木です。 ハピネスチャージプリキュア。 あなたはご存知ですか? プリキュアシリーズ11シーズン目となる ハピネスチャージプリキュア。 とうとう見てしまいました。 いや、 もう嫌な予感が当 …

よい売れ方をするコピーの紡ぎ方。

こんにちは。唐木です。 様々な業種の店舗での マーケティング支援をさせてもらうと つくづく「やっぱりそうだよなぁ」と 思うことがあります。 それは、 本当にいいコピーは 現場の人にしか書けない という …

アーカイブ

ソーシャルメディア