組織論・チーム論的なもの リーダーシップ

遊びを残しておけば面白くなる。

投稿日:2014年6月2日 更新日:


こんにちは。唐木です。
頭の線をつなぎかえる目的もあり、昨日は晩ご飯を自分でつくってみました。
いつもと全く違うことをやってみようということです。

出来上がりはこんな感じです。
めちゃめちゃ時間かかりました…。

料理1

一部は嫁さんにつくってもらいましたし、ずっと料理用語の意味ややり方については、終始聞きっぱなし状態。しかし、思った以上に美味しくできましたので最初にしては上出来としましょう。

さて、自分でつくってみて感じるのは、レシピってすごいなということです。

だって、ズブの素人でも本物に近い味を再現できるわけですから。

そりゃあもちろん、つくり手の技術や素材、ちょっとした時間や諸々のバランスの取り方の違い1つで、味はガラッと変わるものだと思います。ですが、ズブの素人でもそれなりの出来映えになるのがいいところではないでしょうか。

それと、「遊び」があるところ。これも面白い。

基本、レシピでは材料それぞれの分量を書いていますよね。 〇〇ccとか〇〇gとか、具体的数字を書いているものは、その分量が明確です。

一方、「適量」やら「少々」やら、あいまいな表現もあります。中には「味をみながら調整してください」と、「それはもはや適当なのでは…」と思わせる記載もあります。

しかし、これは「遊び」と捉えれば面白くなる。好みを反映させることができるわけですから。

ですから、レシピのように「決まった部分」と、適量やら少々やら「遊びの部分」の両方があるのが面白いと思うのです。車のハンドルでも遊びの部分があるように、遊びの部分をつくることで、違いが生まれ、個性が生まれる。

だから、何事も遊びの部分を残しておくことは大事だと思います。 遊びの部分は、伸び白。自分に対しても相手に対しても物事にたいしても、伸び白を残しておくのは、リーダーの役割だと思いますよ。

-組織論・チーム論的なもの, リーダーシップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

感情的になることと、感情を正しく伝えることは違う。

こんにちは。唐木です。 出張続きで家をあけ、 久々に子どもに会うとかわいいものです。 生まれて来てくれた時の感動と同じく、 大事なことなのに、 時とともについつい忘れてしまい、 その度に反省をします。 …

仕事の想像力は、後づけで身につけられる。

こんにちは。唐木です。 前回の記事でこんなことを書きました。 野球でも、 勝てるチームと勝てないチームには はっきりとした大きな溝がある。 それは“凡ミスの少なさ”であり、 それは“雑でないこと”から …

社内勉強会や社内研修は必要だと思う2つの理由【その2】

  【この記事で伝えたいこと 】 1. 社内勉強会や研修が必要だと思う理由は2つあり、今回は2つ目の話 2. 「ノウハウや知恵の継承」を意図的に行うことは必須であり、これは、意識しないと気づ …

採用でハズす確率を下げる「物差し」のつくり方

こんにちは。唐木です。 採用って100%正解はないはずなのに、それを求めたがるものだと思います。それだけ大事なイベントだということですね。 だとしたら、成功しようが失敗しようが、後悔しないためにも「採 …

なぜ、マニュアルは定着しないのか?

  目次1 ・マニュアルが効果を発揮するケース2 ・マニュアルを業績につなげる3つのポイント2.1 1.「前提」を整えること2.2 2.参加型の「プロセス」に仕立て上げること2.3 3.「検 …

アーカイブ

ソーシャルメディア