組織論・チーム論的なもの リーダーシップ

遊びを残しておけば面白くなる。

投稿日:2014年6月2日 更新日:


こんにちは。唐木です。
頭の線をつなぎかえる目的もあり、昨日は晩ご飯を自分でつくってみました。
いつもと全く違うことをやってみようということです。

出来上がりはこんな感じです。
めちゃめちゃ時間かかりました…。

料理1

一部は嫁さんにつくってもらいましたし、ずっと料理用語の意味ややり方については、終始聞きっぱなし状態。しかし、思った以上に美味しくできましたので最初にしては上出来としましょう。

さて、自分でつくってみて感じるのは、レシピってすごいなということです。

だって、ズブの素人でも本物に近い味を再現できるわけですから。

そりゃあもちろん、つくり手の技術や素材、ちょっとした時間や諸々のバランスの取り方の違い1つで、味はガラッと変わるものだと思います。ですが、ズブの素人でもそれなりの出来映えになるのがいいところではないでしょうか。

それと、「遊び」があるところ。これも面白い。

基本、レシピでは材料それぞれの分量を書いていますよね。 〇〇ccとか〇〇gとか、具体的数字を書いているものは、その分量が明確です。

一方、「適量」やら「少々」やら、あいまいな表現もあります。中には「味をみながら調整してください」と、「それはもはや適当なのでは…」と思わせる記載もあります。

しかし、これは「遊び」と捉えれば面白くなる。好みを反映させることができるわけですから。

ですから、レシピのように「決まった部分」と、適量やら少々やら「遊びの部分」の両方があるのが面白いと思うのです。車のハンドルでも遊びの部分があるように、遊びの部分をつくることで、違いが生まれ、個性が生まれる。

だから、何事も遊びの部分を残しておくことは大事だと思います。 遊びの部分は、伸び白。自分に対しても相手に対しても物事にたいしても、伸び白を残しておくのは、リーダーの役割だと思いますよ。

-組織論・チーム論的なもの, リーダーシップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

制約はかければかけるほど創造的になる

目次1 なんだかよくわからない子ども遊びから得た「ヒント」2 アイデアを出す、創造力を上げるには「制約」を自ら課すこと なんだかよくわからない子ども遊びから得た「ヒント」   こんにちは。唐 …

なぜ、マニュアルは定着しないのか?

  目次1 ・マニュアルが効果を発揮するケース2 ・マニュアルを業績につなげる3つのポイント2.1 1.「前提」を整えること2.2 2.参加型の「プロセス」に仕立て上げること2.3 3.「検 …

他人が理解出来ない人のための「少しでも他人を理解するヒント」。

こんにちは。唐木です。 たぶん、他のコンサルに比べて結構重んじていることの1つに、「個別の理解」があります。これは会社そのものの理解でもありますし、そこで働く人1人1人をなるべく理解するということでも …

相手ではなく、ビジョンに向き合おう。

こんにちは。唐木です。 先日、友人にお誘いいただき、 カブキ竜平さんの講演会に伺いました。 高校生からの哲学 般若心経に学ぶ という本を執筆されていて、 長年教育の分野で尽力されてきた方です。 この日 …

2:6:2の法則のウソ②

こんにちは。唐木です。 以前、2:6:2の法則のウソというエントリーを書いたのですが、なぜか検索される回数が多いので、追記の代わりにエントリーを追加してみます。 目次1 ・2:6:2の法則のおさらい2 …

アーカイブ

ソーシャルメディア