自分マネジメント 自分を知る方法 自助努力による成長へのヒント

マイ喫煙ルームのススメ。

投稿日:2014年6月3日 更新日:


こんにちは。唐木です。

ふと、こんなことを思い出しました。

「喫煙ルームに通う人の出世率が高かった」

というものです。


会社員時代、タバコを吸う人のために喫煙ルームが一カ所ありました。私はタバコを吸いませんので、滅多に行きません。「滅多に」というのは、行く機会もあるということです。連れタバコみたいなものです。ま、私にとってはただのサボる口実ですが…

さて、会社員としてだけに関わらず、周りの出世した人たちを見ていると、喫煙ルームに通う人が多かった。そこで何をしているかというと、タバコを吸いながら情報を仕入れたり、相談したりしているのです。

何が売れているのか?
どんなコンサルティングをしているのか?
受注のために何をしているのか?
自分はこれからどうすればいいのか?

などなど、よく情報を仕入れ、よく相談し、自分を修正したり、新しいものを取り入れたりしている。そうやって伸びて行ったと思います。私はタバコがどうしてもダメなので、最後まで吸いませんでした。ですが、そういう環境は、私にとって、喫煙者の唯一うらやましいところでした。


さて、これは情報を仕入れたり、相談したりするシステムを喫煙ルームにもたせているわけですが、同じように自分のバランスを整える環境を、自分でつくってしまうことも大事だと思います。

誰しも毎日、何かしらの判断の連続です。なるべく正しい判断、いや、よい判断をするためには、自分のバランスを整えておくことが大事だと思います。ニュートラルな状態といった方がよいでしょうか。人間、偏って、固くなると、視野が狭くなる。そうすると、自分の中にある答が見えなくなる。

そのためには、
自分を知っておくことに加え、
自分をよく知っている人とつながること
も大事だと思います。

外部からの情報過多になると、自分の判断ではなく他人の判断に委ねることになり、自分の答ではなくなる。そうなると、たいていうまくいきません。(私の場合は特にそうです)

また、自分ではなかなかバランスをとりづらいことも多いと思います。そういう時は自分をよく知っている人とつながり、話をしたり聞いたりしながら、自分のバランスを整えて行くことがよいと思います。女性の場合って、話を聞いてもらうだけで、8割方解決するようですから。


今は情報が多すぎるなど、バランスを崩しやすい時代です。だからこそ、正しい判断のためには自分で自分のバランスを取る。自分マネジメントがより大事になります。

自分でバランスをとる方法の1つとして、自分なりの喫煙ルームを持つ、つまり、他力を使うことはよい方法です。自分だけでがんばりがちな方は、特に他力を使うべきです。

-自分マネジメント, 自分を知る方法, 自助努力による成長へのヒント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

三日坊主で積み上げて行く。

こんにちは。唐木です。 自他ともに、かどうかはわかりませんが、 私はかなりの三日坊主野郎です。 あっちゃこっちゃに興味持ちながら、 あっちゃこっちゃに頭を突っ込み、 あっちゃこっちゃに食い散らかしちゃ …

自信の出元。

こんにちは。唐木です。 心屋仁之助さんのブログで紹介されていた この本、ひじょーーーに、よかった。 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 よかった、というのは、 ストンと …

“移動”を取り入れて創造力を高める

先日、アパホテルに宿泊した時のことですが、アメニティの袋にこのようなフレーズが記されていました。   「発想は移動距離に比例する」   このフレーズ、誰が言ったかは知りませんが、ど …

1万時間の法則から、仕事で伸ばすスキルについて考えてみる(その1)

  目次1 1万時間の法則とは何か?2 人によって「その人にとっての1万時間」は違う 1万時間の法則とは何か?   こんにちは。唐木です。   「1万時間の法則」というも …

no image

自分の心配性との付き合い方

こんにちは。唐木です。 ある方のFacebookに こんなことが書かれていました。 ————————&# …

アーカイブ

ソーシャルメディア