長期利益のマーケティング 自社にあった販促の選び方

なぜ、あの店はつまらないのか?

投稿日:2014年6月4日 更新日:


こんにちは。唐木です。

昨日はココでお仕事。
スタンダードブックストア心斎橋店です。 ココ、好きなんですよね。

「本屋ですが、ベストセラーは置いてません。」

なんてコンセプトで、一般の書店とは違うセレクトの本を中心に、文具、雑貨まで品揃えされています。私好みのものが多く置いてあって、それだけで楽しいのですが、加えてカフェも併設されています。梅田にもあるので、ちょいちょい、自然と足が向いてしまいますね。


さて、カフェでずーっとパソコンをパチパチたたいていたのですが、ふと、周りを見渡すと、あることに気がつきました。

それは、「自分しかPCを使っていない」ということです。

ま、ここは購入前の本を持ち込めることもあって(それがまたいい!)、その用途で使っている人が多いのもあります。また、心斎橋アメ村の中なので、リーマン客がいなかったのもあると思います。とはいえ、スタバでよくみる、「とりあえずmac叩いてます君」(俺もか…)はいませんでした。

こういった客層の違いって、どこから来るのでしょう?

もちろん、立地もありますが、コンセプトが最も大きいと思う。

この店は、「本屋ですが、ベストセラーは置いてません。」ってコンセプト。 そうなると、本の品揃えは、自然と、結果的に差別化されるし、そこから派生して文具、雑貨を置くという流れも自然。そうなると、自然と売場も変わる。内装も外観も変わる。結果、自然と客層も変わるわけです。真っ昼間から机に突っ伏しているリーマンは来ないわけです。 それに、コンセプトの立て方によっては、諸々の自由度も高くなりますしね。


昔、「コンセプトで売上が上がるのか?」なんて問いかけをされたことがありますが、そういう問題ではないです。それはナンセンスです。

商売でも何でもそうですが、「こんなことしたいよなー」という気持ちが出発点のはず。それがコンセプトなわけです。そんなものです。

でも、坪効率やら何やら、経営的な指標からの逆算だけで設計された店って、「本来の気持ち」を出発点としていないから、つまらないんですよね。たぶん、そういう店がつまらないのって、ココが原因だと思う。


なので、コンセプトを立てることは、即売上アップにはつながりません。その意味では仰る通り。でも、本来の気持ちを出版点としていない店はつまらないことがほとんど。だから、意図的な話題作りで一時的にワーッと盛り上がっても、すぐ尻すぼみになる。

ま、そんなややこしいこと考えなくても、本来の気持ちを出発点としたコンセプトがあった方が面白い。せっかくだから面白い方がいいじゃないと思うんですけどね。お店側が面白くやってないと、お客も面白くない。

計算ばっかじゃつまらない


-長期利益のマーケティング, 自社にあった販促の選び方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

やっぱり販促しないことはかなりの機会損失な件

あなたが持っている、あなたの会社の大切な商品の数々。 きっといいものに違いないんでしょうけど、そのよさを伝えないことは、やっぱり機会損失なわけです。つまり、人によって会社によって、形は違えど販促は必要 …

スタンドの売り子さんの売上の差って、たぶんその差はちょっとしたところにある。

こんにちは。唐木です。 昨日は、昔のクライアントから電話があったり、東京の友人が大阪の、しかも結構近所に引っ越すお知らせが来たり、酒井さんの勉強会でたまたま知り合った山口さんにブロックをはずしてもらっ …

加齢臭が漂う方法を採用してみる。

こんにちは。唐木です。 先日お誘いいただいたセミナーに出ましたところ、こんなお話を聞いたのです。大雑把にざっくりと(同じ意味ですが)、まとめてみたいと思います。 私の解釈では、「人脈ってのはやっぱり大 …

わかりやすく説明しているはずなのに売れない時に見直すこと。

絵本や伝記、小説、漫画、映画などなど……。 私たちが子供の頃から慣れ親しんでいる読み物や映像に共通するのは「物語」です。そんな慣れ親しんだ「物語」は、普遍的な存在です。普遍的なものだからこそ、時にはハ …

物語の一部に関わると応援したくなる。だから、手売りはエキサイティング。

こんにちは。唐木です。 以前のエントリーでも書いたのだが、 やっぱり手売りはエキサイティング。 改めて痛感する次第だ。 西野さんの独演会チケット、 直接買ってみることで そのエキサイティングを体感した …

アーカイブ

ソーシャルメディア