組織論・チーム論的なもの チームづくりのヒント

2:6:2の法則のウソ①

投稿日:2014年6月18日 更新日:


こんにちは。唐木です。

昨日は個人的に評価制度やら2:6:2の法則やら、人事関連のお話が集中したので、その辺についてまとめておきたいと思います。


この本、すごーく面白くて一気に読んじゃいましたが、

「日本一労働時間が短い“超ホワイト企業”は利益率業界一!」 山田昭男のリーダー学 (人間性経営学シリーズ)

有給以外の年間休日数日本一、労働時間の短さ日本一、残業禁止、育児休暇は3年間、定年70歳、年功序列、成果主義禁止、ノルマ禁止などなど…でも、利益率は岐阜県および業界でトップという、有名な未来工業さん。その創業者で相談役の山田昭男さんも、この本で「2:6:2の法則っていう論理は間違っていると思っています」と仰っています。

ちなみに、2:6:2の法則ってご存知です?コンサルタントが好んで使う(とされているしそう思っている)法則らしきもので、私の解釈だとこんな意味です。 どんな組織でも、優秀な上位20%、上にも下にも振れる平均的な中間層が60%、ダメな下位が20%に分かれるというもの。で、下の20%を取り除いても、雨後のたけのこのようにまたダメなのが出てくる、というものです。 もう何年前か忘れましたが、この法則らしきものを当時の上司に教えていただいて、私も活用していました。しかし、今では間違いだと思っています。


2:6:2の法則、「こりゃどうもおかしいぞ」と思うポイントが2つありまして、1つ目は「何をもって2:6:2なのか?」というものです。優秀、普通、ダメを分ける基準が何かということです。

これ、大半が売上、粗利、生産性といったものでしょう。よく売れるやつはいい、そうじゃないやつはダメ。その基準でしかないというわけです。 しかしですよ、人によって得意な分野って違うでしょう?仮に同じ組織を、「けん玉の上手さ」で区切ったら、全く違う2:6:2の構成になるはずです。切り口は様々というか無限なので、どうせ切るなら誰もが上位20%に入るよう、様々な切り口で見ておいた方がいいと思うのです。そこから仕事を考えればいいわけです。


もう1つの「おかしい」と思うポイントは、「下の20%が抜けると、新しい下の20%が出てくる」というところす。

これは「そのように見えるだけ」だと思います。 1つ目のポイントと同じように、売上、粗利、生産性といった指標で2:6:2を区切っている限り、下位20%を切った場合、新たなランク付けを元に新たな下位20%は自動的に発生します。新たに下位20%に組み込まれた人たちは、本人自体は別に昨日と何も変わっていないのに、勝手に「ダメ」のレッテルを貼られているわけです。

それに、中には意地悪な管理職もいます。下位20%の中から、もしくは好き嫌いの判断で常にスケープゴート役を設定し、残りのメンバーをアジテートするやり方を採用する人もいます。偏見ではなく、往々にして現実的な話です。 そうなると、下位20%は残りの80%のために自動的につくられるということになります。


じゃあどうするのかって、やはりこれは意識1つ、特に管理職の意識1つがカギなんじゃないかと思うわけです。そもそも2:6:2なんかにわけず、10でみる。ないし、1人ずつ見る。わけるなら、様々な切り口で2:6:2にわけて、誰もが上位20%に入るような視点でみる。 つまり、2:6:2の法則って、見る側の主観的なバイアスが極めて強く、それをもとに形成されていることが多いと思います。 だったら、わけなきゃ問題なんて起こらないし、それが一番シンプルだと思うのです。



続きのエントリー:2:6:2の法則のウソ②

2:6:2のウソ

-組織論・チーム論的なもの, チームづくりのヒント

執筆者:


  1. アメ☆ より:

    組織について調べていると唐木さんのブログに!笑。なるほどって思いました。結婚式お願いします!

関連記事

変化は突然やってくるし突然来たようにも見える。

こんにちは。唐木です。 変化って、徐々に起こっているけど突然起こったように見えるものだと思うんですよね。 ▼ 現在、フィジカルとメンタルの両方のトレーニングを兼ねてランニングを続けています。元々、学生 …

会議は「異なる視座から新しい視点を獲得する場」である

  先日、出版会議なるものに出席しました。   前職の先輩からお誘いいただいて参加させていただいたわけですが、これは貴重な体験でした。   この会は、「具体的にこのテーマ …

社内勉強会や社内研修は必要だと思う2つの理由【その1】

  【この記事で伝えたいこと】1. 筆者は社内勉強会や研修は必要だと思い、その理由は2つある 2. その1つは「コミュニケーションって案外大事」ってこと 3. 勉強会や研修といった形式にこだ …

タブーが答えのこともある。

こんにちは。唐木です。 松坂大輔が、いい。 いい、とは、ちゃんと結果が出ている。 そういうことです。 今月16日、メジャー昇格を果たし、 19、20日の2試合連続のリリーフ起用、 見事、2試合とも無失 …

相手ではなく、ビジョンに向き合おう。

こんにちは。唐木です。 先日、友人にお誘いいただき、 カブキ竜平さんの講演会に伺いました。 高校生からの哲学 般若心経に学ぶ という本を執筆されていて、 長年教育の分野で尽力されてきた方です。 この日 …

アーカイブ

ソーシャルメディア