人事・労務の玉手箱掲載原稿 2014年度掲載 組織論・チーム論的なもの リーダーシップ

社員には指示すべき?それとも任せるべき?

投稿日:2014年7月30日 更新日:


前回のコラムで、「1から10までを指示しても思いがけない成果は出ない」という内容をお話ししました。そうなると、「1から10まで指示をするとろくな結果にならないなら、指示をせず、社員に任せっきりにした方がいいのか?」という疑問も持たれるかと思います。

そこで今回の本題は…と、その前に、こんな話をしたいと思います。

プロ野球の世界でも数多くの名将と呼ばれる人物がいますが、その1人に野村克也氏がいます。その代名詞として「ID野球」という言葉が使われるように、データを蓄積し、データに基づいた勝つ確率の高い方法を採用するチームづくりが行われていました。

そのチームづくりで大事な部分を担うのが、ミーティングです。データ重視のID野球におけるミーティング。その大部分はどういった内容で占められていたと思いますか?打者なら、打つために相手の配球やモーションの癖、ここ最近の全体の傾向などなど、「データをどう活かすか?」について大半の時間が使われている。そう思いませんか?

どうやらそうではないみたいです。

私の記憶が確かならば、ミーティングで優先して説かれているのは、「人生観」や「仕事観」だそうです。野球人である前に社会人である(人間である)ということです。いくらデータが整備されていても、それを扱う人の扱う頭(心)と技術がなければ、持ち腐れになった宝にすぎない、ということです。
ここで冒頭の問いに対する答え。「指示をせず、任せっきりにすべきか?」という問いに対する答えは、「YESでもありNOでもある」ということです。それは「相手による」ということです。

相手が1から9までを指示しないと出来ないタイプなのか、
1から3までの指示で大丈夫なタイプなのか、
はたまた1から10まで任せても大丈夫なタイプか。

それは「相手によって必要な指示と自主行動のバランスが異なる」というわけです。そこをよく見ないといけないのです。もちろん、私もコンサルティングでは、相手をよく見て手を打っていきます。そうすると、打ち手は自然に当たります。

まさに、「人を見て法を説け」ということです。

-人事・労務の玉手箱掲載原稿, 2014年度掲載, 組織論・チーム論的なもの, リーダーシップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

制約はかければかけるほど創造的になる

目次1 なんだかよくわからない子ども遊びから得た「ヒント」2 アイデアを出す、創造力を上げるには「制約」を自ら課すこと なんだかよくわからない子ども遊びから得た「ヒント」   こんにちは。唐 …

自社メディア次第で「小が大を制せる」時代。

小が大を制せる時代。 制するというよりも、より「弱者の兵法」が使いやすくなった時代。 資本に頼らないやり方に目を向ければ、活路は見えやすくなってきている。最近のFacebookをはじめとするSNSやY …

やっぱり販促しないことはかなりの機会損失な件

あなたが持っている、あなたの会社の大切な商品の数々。 きっといいものに違いないんでしょうけど、そのよさを伝えないことは、やっぱり機会損失なわけです。つまり、人によって会社によって、形は違えど販促は必要 …

口を挟みすぎるリーダーvs丸投げリーダー。

企画は立ち上がるものの、物事が全く進まない組織があります。 昔お付き合いのあったある病院では、何でもかんでも院長がやりたがりました。しかも不運なことに、本人にはその自覚がありません。本人はスタッフに任 …

漫画家に学ぶ自分の土俵の決め方。

ある著名な漫画家さんと何度かお話しさせていただく機会がありました。著作の中にはドラマ化された大ヒット作もありますので、“著名な”という表現は誇大広告ではありません。 さて、この漫画家という職業ですが、 …

アーカイブ

ソーシャルメディア