人事・労務の玉手箱掲載原稿 2014年度掲載 組織論・チーム論的なもの リーダーシップ

社員には指示すべき?それとも任せるべき?

投稿日:2014年7月30日 更新日:


前回のコラムで、「1から10までを指示しても思いがけない成果は出ない」という内容をお話ししました。そうなると、「1から10まで指示をするとろくな結果にならないなら、指示をせず、社員に任せっきりにした方がいいのか?」という疑問も持たれるかと思います。

そこで今回の本題は…と、その前に、こんな話をしたいと思います。

プロ野球の世界でも数多くの名将と呼ばれる人物がいますが、その1人に野村克也氏がいます。その代名詞として「ID野球」という言葉が使われるように、データを蓄積し、データに基づいた勝つ確率の高い方法を採用するチームづくりが行われていました。

そのチームづくりで大事な部分を担うのが、ミーティングです。データ重視のID野球におけるミーティング。その大部分はどういった内容で占められていたと思いますか?打者なら、打つために相手の配球やモーションの癖、ここ最近の全体の傾向などなど、「データをどう活かすか?」について大半の時間が使われている。そう思いませんか?

どうやらそうではないみたいです。

私の記憶が確かならば、ミーティングで優先して説かれているのは、「人生観」や「仕事観」だそうです。野球人である前に社会人である(人間である)ということです。いくらデータが整備されていても、それを扱う人の扱う頭(心)と技術がなければ、持ち腐れになった宝にすぎない、ということです。
ここで冒頭の問いに対する答え。「指示をせず、任せっきりにすべきか?」という問いに対する答えは、「YESでもありNOでもある」ということです。それは「相手による」ということです。

相手が1から9までを指示しないと出来ないタイプなのか、
1から3までの指示で大丈夫なタイプなのか、
はたまた1から10まで任せても大丈夫なタイプか。

それは「相手によって必要な指示と自主行動のバランスが異なる」というわけです。そこをよく見ないといけないのです。もちろん、私もコンサルティングでは、相手をよく見て手を打っていきます。そうすると、打ち手は自然に当たります。

まさに、「人を見て法を説け」ということです。

-人事・労務の玉手箱掲載原稿, 2014年度掲載, 組織論・チーム論的なもの, リーダーシップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事の想像力は、後づけで身につけられる。

こんにちは。唐木です。 前回の記事でこんなことを書きました。 野球でも、 勝てるチームと勝てないチームには はっきりとした大きな溝がある。 それは“凡ミスの少なさ”であり、 それは“雑でないこと”から …

販促手法に煮詰まったときに考えるべきこと。

つい先日、デイサービス業のクライアントで“健康相談フェア”なるものを開催しました。今日はそのびっくり事例のお話です。「デイサービスなら、ウチの商売には関係ない」と思わず、ちょっとばかりお付き合いくださ …

あなたの会社の「基本ルール」は何ですか?

今月は相次いでご縁をいただき、九州の繁盛店を視察させていただく機会に恵まれました。 一件目は、ある地域一番の美容室さんを見学。 こちらは、全国的に見ても相当に高い生産性を誇っておられます。単店の売上は …

面倒なことに積極的ですか?

クライアントの年1回の合宿でのこと。ある車屋さんで伺ったお話の中で、興味深い一節がありました。 それは、「レンタカーの売上比率が上がっている」というものです。 もちろん、わたしが全体の売上や取扱品目の …

タブーが答えのこともある。

こんにちは。唐木です。 松坂大輔が、いい。 いい、とは、ちゃんと結果が出ている。 そういうことです。 今月16日、メジャー昇格を果たし、 19、20日の2試合連続のリリーフ起用、 見事、2試合とも無失 …

アーカイブ

ソーシャルメディア