トレンド 組織論・チーム論的なもの リーダーシップ

夏の高校野球の時期になると真面目に思う「指導者のクオリティ」について。

投稿日:2014年8月9日 更新日:


こんにちは。唐木です。

そろそろ甲子園での本戦が始まる夏の高校野球。この雨ですから間違いなく今日は中止だろうなと思っていたところ、台風の影響もあり、さっそく2日間の順延が決まったようです。

さて、この時期になると私、毎年決まってものすごーく真面目に思うことがあります。それは、スポーツの指導者、特に子供の成長期に関わるスポーツ指導者ってどれだけ責任重大かということです。


私は野球をよく観るのですが、高校野球はシステム的になかなか理不尽な側面があります。一発勝負のトーナメント戦ゆえ、勝ち進むほど試合毎の間隔が短くなります。そうなると一番負担がかかるのはピッチャー。

やったろうじゃん(複数投手なんて揃えられない)
このように、エース級を何人も揃えられる学校なんてまずありません。
それに、ピッチャーの頭数がいたとしても、普通は最も勝つ確率が高い1人を選びます。一発勝負のトーナメント戦。負けたらそこで終わりですから。


ここで問題だと思うのが、目先の勝ちを最優先する指導者ってかなり多いんじゃないかなということです。特に有望選手を多く預かる強豪校に多いと思います。強豪校に多いというか、「強豪校故に目立つ」ということでしょう。

もちろん、なんら具体的な数字をとったり、リサーチをしたりしたわけじゃないですから非常に感覚的な意見です。 でも、「将来有望だったのに酷使されて壊された選手」は残念ながらちょくちょく出てきますし、異常な練習量がご自慢の甲子園常連校から、プロで活躍する選手がほとんど出ていないことを見ても、やはり指導者の責任は大きいと思います。

やったろうじゃん(外野の圧力)
こんな風に外野の雑音が指導方針を歪めるのかもしれませんが、指導者は大人の事情に飲み込まれないようにすべき。特に、将来ある成長期の過程にある子供を預かる指導者は、です。


スポーツで大して実績を出せなかった自分が言うのも何ですけど、「成長期の過程でどんな指導者に出会えるかどうか」は、その後の人生を180°変えてしまうほど強烈なものだと思います。

私は中学から大学一回生まで7年間、陸上競技をさせてもらいましたが、この期間で得た「やればできる成功体験」がなければ、今、どんな人生を送っているかなんて想像できません。 これはひとえに、中学の時に出会った先生が「基本を大事にする」すばらしい指導力だったからです。この先生から目先の結果を優先させた指導は、一回たりとも受けた覚えはありません。

競技のスタート時点ですばらしい指導者に出会えたからこそ、早い段階で基礎が出来た。これは大きい。高校に入学してからは、この基礎のおかげで「自分で考えて調べてメニュー(アプローチ方法)を組み立てる」ことが出来るようになりました。自分の専門の種目である短距離の指導者は身近にいませんでしたから、自分で考えるしかないのです。

やったろうじゃん(選手一丸のチーム)


これ、仕事でも同じじゃないですか?
指導者を社長や上司に置き換えてみると、非常に近い内容だと思います。

「他人を変える」なんてゴーマン極まりない考え。 ただ、自分の言うこと、すること、そして「存在そのもの」も、それだけで他人を大きく変える可能性がある。よくも悪くもです。いい社長もそうでない社長もたくさん見ましたから、経験上、それは意識すべきだと言えます。 ビジネスでのよい指導者はもちろん、特に成長期の子供を預かるスポーツでよい指導者が増えることを切に願う次第です。

※画像引用元:やったろうじゃん/原秀則著



-トレンド, 組織論・チーム論的なもの, リーダーシップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ、マニュアルは定着しないのか?

  目次1 ・マニュアルが効果を発揮するケース2 ・マニュアルを業績につなげる3つのポイント2.1 1.「前提」を整えること2.2 2.参加型の「プロセス」に仕立て上げること2.3 3.「検 …

会議は「異なる視座から新しい視点を獲得する場」である

  先日、出版会議なるものに出席しました。   前職の先輩からお誘いいただいて参加させていただいたわけですが、これは貴重な体験でした。   この会は、「具体的にこのテーマ …

人生で大事なことはすべてクラフトビールで学んだってホンマかいな?

こんにちは。唐木です。 今、クラフトビールがキテルらしい。 「ならばすぐに調査を!」ということで、雨の中クライアントと2人でクラフトビールのお店をハシゴ。もちろん、打ち合せおよび調査という大義名分のも …

仕事で指示は1から10まですべき?

性格からビジネスモデルをつくる。 コンサルティングにおいて私はよくこの言葉を使います。私のコンサルティングにおけるコンセプトの大事な一部分です。 さて、なんのこっちゃわかりにくいかと思いますので、補足 …

採用でハズす確率を下げる「物差し」のつくり方

こんにちは。唐木です。 採用って100%正解はないはずなのに、それを求めたがるものだと思います。それだけ大事なイベントだということですね。 だとしたら、成功しようが失敗しようが、後悔しないためにも「採 …

アーカイブ

ソーシャルメディア