100kmウォーク 身体とメンタルを整える

100kmウォークは単独参加か複数参加か?

投稿日:2014年10月8日 更新日:


こんにちは。唐木です。

ここ数回、100kmウォークの準備に関するエントリーを連続して書いてきましたが、準備以外でこうしてよかったなと思うことも書いておきます。

それは、単独参加か複数参加か、どちらがよいかというものです。

まぁ、そんなものどっちでもいいですし、このエントリーを見る人によっては「申込の期限がもう過ぎている」という人もいます。 ただ、経験上言えるのは「複数参加は結構メリットがある」ということです。


1つ目は「時間の過ぎ方が違う」ということです。単純に楽しい。

これは誰しも経験のあることですが、嫌な時間は過ぎるのが遅く、楽しい時間は過ぎるのが早いもの。 100kmウォークでも例外ではなくて、そもそも全体的に苦しい、キツイ時間が多いイベントです。なので、楽しい時間を意図的に増やした方がいい。 気心知れた仲間と楽しく話しながら歩いて行くと、時間があっという間に過ぎます。

後半戦は話すこともほとんどなくなりますが、前半戦はこれで乗り切れますし、後半に入る際のコンディションもかなり違うと思います。


2つ目は「道具の貸し借りができる」ということです。

準備を万端にしていても、何かしら道具を忘れることがあります。
例えば私の場合、毎回「ライト」を忘れるメンバーが必ず1人はいまして、ライトを複数持参していくようにしました。そうすると、道中で無駄な買い物をせずにすみますし、それによる時間ロスもなくなります。

これ、逆のケースも十分考えられます。自分が忘れものをするケース。なので、複数参加の方が、道具に関しても補完関係が成立しやすいため、リスクヘッジにもなります。


最後、3つ目は「ペースを守れる」ということです。

これ、先ほどの「道具の貸し借りによる補完関係の成立」と同じことですが、ペースに関しても補完関係が成立しやすいといえます。 以前のエントリーでも、決めたペースを守ることが大事だということをお伝えしましたが、ペースメーカーやタイムキーパーをしてくれるメンバーがいるととても助かります。

一人だとどうしても「もうちょっと休みたいな〜」など、甘えが出てしまう。その甘えが積み重なると、どんどんバランスを崩していくものです。なので、ペースメーカーやタイムキーパー役のメンバーがいると、かなり助かります。


今回は単独参加の方にはやや向かない内容にはなりました。
ですが、複数参加の方はこのメリットを活かしていただければいいですし、単独参加の方は2つ目、3つ目の補完関係を自分で完結できるようにすれば問題ないと思います。ここも工夫次第ですね。

-100kmウォーク, 身体とメンタルを整える

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

100kmウォークの準備でやったその他のこと(いろいろなケア)

こんにちは。唐木です。 「100kmウォーク対策で行ったその他のこと」ということで、今回は「いろいろなケア」についてお届けすることにします。 100kmウォークに対する私の基本的な考え方の1つに「一歩 …

ルールが固定的なゲームを選ぶと自信はつけやすい。

こんにちは。唐木です。 確かこの夏の時期だったと思いますが、100kmウォークのエントリーが始まる時期。私は昨年をもって「3度目の正直」でクリアできましたので、しばらく参加しないと思います。 これ、キ …

100kmウォークの準備でやったその他のこと(ペースについて)

こんにちは。唐木です。 自身の備忘録として、そしてアクセスしてくれた人に対して役立てばと思い、このテーマで書き始めましたが、思いのほか書くことが出てくるものですね。なので続き。今回は「ペースについて」 …

知識、経験、体力ゼロから3ヶ月で100km歩く方法3

こんにちは。唐木です。 最後に、エントリーの3つ目です。 再度振り返りますと、超主観的な「100kmウォークを達成する上で大切な基本的な3つのこと」は以下のものでした。 1. 絶対達成するという意志を …

DNA検査やってみました。

こんにちは。唐木です。 今日はちょっとした“遊び”の提案です。 役に立つかもしれない“遊び”です。 ▼ 先日、遺伝子検査の検査結果が届きました。 遺伝子検査といっても親子関係の有無を検査するアレではな …

アーカイブ

ソーシャルメディア