人事・労務の玉手箱掲載原稿 2014年度掲載 自社にあった販促の選び方

やっぱり販促しないことはかなりの機会損失な件

投稿日:2014年10月30日 更新日:


あなたが持っている、あなたの会社の大切な商品の数々。
きっといいものに違いないんでしょうけど、そのよさを伝えないことは、やっぱり機会損失なわけです。つまり、人によって会社によって、形は違えど販促は必要。今回は、そんな当たり前の話です。

さて、今クール「あすなろ三三七拍子」というドラマが放映されていたのですが、観てましたか?たぶん、観ていた人少ないと思うんですよ。なにせ最低視聴率は3%台だったようですから…。

このドラマ、原作が重松清さんで、リストラ寸前のサラリーマン、柳葉敏郎さん演じる藤巻大介が所属する会社の社長の母校である大学に出向させられ、廃部寸前の応援団を立て直していくというストーリー。

私自身も「なんで応援団なん??今時ちょっとなぁ〜…」なんて、半信半疑にも満たない程度の思いで観ていましたが、あれよあれよという間にハマるハマる。毎週観るのが待ち遠しくなったくらい、心動かされるものすごくいいドラマでした。原作は読んでいませんが、配役は皆さんはまり役だと思います。

で、このドラマ、ネットでも

「こんないいドラマが視聴率低いなんて信じられない」
「なんで打ち切りにするの?」
(※打ち切りだったのかもしれないという噂)

といった同じような反応。

考えられる要因としては、そもそも変化している視聴形態に「視聴率」という支持率リサーチ方法が合っていないことはもちろんですが、「番宣」をやっていないことが大きいと言われています。

これは確かにそういえる部分があって、ドラマを観る人はテレビを見る傾向が強い。テレビから情報を取る層です。つまり、人によって接するメディアは違いますので、ドラマを観る客層にとって、テレビでの番宣は対象顧客に最もリーチしやすい方法の1つといえます。

特にこのドラマの場合、「応援団」という響きのとっつきにくさ、誤解の受けやすさからしても、きっちり「説明」が必要な「商品」です。ここを使わないということは、致命的な機会損失であると言ってもいいわけです。

「いいものさえつくれば勝手に広まる」

それが一番自然でコストもかかりませんから、いい方法かもしれません。でも、「それで伝わらない、広まらなかったらどうするの?」ということです。つまり、販促をしないということは、いいものが1人でも多くの人に届く機会を損失していることであり、自らの手で自らの「いいもの」を地中に埋めて葬り去っていることと同じことです。自分が思っている以上に、自社の商品のよさってお客さんに伝わっていないものだし、知られていないもの。そういう前提に立たないと、せっかくのいい商品を自分で地中に埋めちゃっていることになるんですよ。


-人事・労務の玉手箱掲載原稿, 2014年度掲載, 自社にあった販促の選び方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

情報発信における大事だけど見落としがちな3つのポイント。

今日は情報発信のお話です。 情報発信。クライアントにはこの大事さをお伝えしていますが、情報発信の工夫をするだけで売上が大きく変わってきます。実際、中古車を販売しているクライアントでは、情報発信の工夫に …

わかりやすく説明しているはずなのに売れない時に見直すこと。

絵本や伝記、小説、漫画、映画などなど……。 私たちが子供の頃から慣れ親しんでいる読み物や映像に共通するのは「物語」です。そんな慣れ親しんだ「物語」は、普遍的な存在です。普遍的なものだからこそ、時にはハ …

よい商品を持つ会社にはよい流れに —「コンテンツSEO」

  目次1 そもそもの検索エンジンの役割って?2 そもそも「良いコンテンツ」とは?2.1 ・良いコンテンツの条件1=ユーザーに有益なもの2.2 ・良いコンテンツの条件2=Googleの評価が …

物語の一部に関わると応援したくなる。だから、手売りはエキサイティング。

こんにちは。唐木です。 以前のエントリーでも書いたのだが、 やっぱり手売りはエキサイティング。 改めて痛感する次第だ。 西野さんの独演会チケット、 直接買ってみることで そのエキサイティングを体感した …

便利さに乗っかって消えて行くもの③

こんにちは。唐木です。 またまた先日のエントリーに引き続き、 便利さに乗っかって消えて行くものを 取り上げてみたいと思います。 それは、「手売り」です。 これも アナログ集客の1つになりますから、 分 …

アーカイブ

ソーシャルメディア