自分マネジメント 人事・労務の玉手箱掲載原稿 2014年度掲載 自助努力による成長へのヒント

“移動”を取り入れて創造力を高める

投稿日:2014年12月31日 更新日:

先日、アパホテルに宿泊した時のことですが、アメニティの袋にこのようなフレーズが記されていました。

 

「発想は移動距離に比例する」

 

このフレーズ、誰が言ったかは知りませんが、どこかで聞いたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?私も会社員時代含めてよく聞きますので、印象に残っているフレーズでもあります。

 

さて、私事ですが、先日2週間ほど、ハワイで遅い夏休みをいただいておりました。現地でふとした瞬間に強く感じたのは、「俺って(発想が)凝り固まっていたんだなぁ」ということです。普段から固定観念に捉われないように気をつけているつもりですが、それでも凝り固まっていた自分がそこにいたのです。

 

これ、ハワイに行ったことで「ものごとを見る立場、場所=視座」が変わったということ。すると、「見えるもの、見るもの=視点」も変わります。結果、そこから生まれてくる発想も異なります。凝り固まっている自分を認識出来たこも移動のおかげです。と、いうことは「発想は移動距離に比例する」は正しい側面がありますし、「移動は創造力を育てる」とも言っていいでしょう。

 

ここで、「会社や個人の生産性(パフォーマンス)をどう発揮するか?」を考えますと、当然ながら創造力がないよりもある方がよいわけです。だったら、社長も社員も創造力を高めるように持っていく方がいい。そこで移動を取り入れるのです。

 

ではどう取り入れるのか?

 

個人レベルでは休日に旅行なんかもいいと思います。今はLCCによる移動コストが大幅に下がっていますから。
会社レベルでは「移動を仕組み化」するのもいいでしょう。例えば、固定座席を撤廃したフリーアドレスのレイアウトに変更するやり方もあります。

 

ただし、私もフリーアドレスのオフィスは経験がありますが、どこに座ってもいい環境でも、放っておくとだいたい同じところに座ってしまうものです。なので、普段から個人レベルで移動を習慣化させることで、個人が自ら意識的に移動を意識するようになるのが最もよいでしょう。

 

その他にも普段と会議の場所を変えたり、他社の視察に行ったり、年に1回合宿で遠征したり…などなど、会社のシステムや年中行事に「移動」を組み込むことが、仕組み化としてできることです。

 

創造性を高め、個人と会社のパフォーマンスを高めるためにも、移動を取り入れてみることをおすすめします。

-自分マネジメント, 人事・労務の玉手箱掲載原稿, 2014年度掲載, 自助努力による成長へのヒント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あまり取り組まれていないファンづくりの方法。

  人は「何か(誰か)に関わってよい印象を受けるとより応援したくなるもの」です。これは、特に何らかの学術的根拠を用いなくても実感があるでしょう。   あなたの商売が地域密着の商売で …

制約はかければかけるほど創造的になる

目次1 なんだかよくわからない子ども遊びから得た「ヒント」2 アイデアを出す、創造力を上げるには「制約」を自ら課すこと なんだかよくわからない子ども遊びから得た「ヒント」   こんにちは。唐 …

理論も常識も自分でつくりかえる。

こんにちは。唐木です。 「セオリーどおりはかまわんが、 パターンどおりには打つな!」 この言葉が大好きな唐木です。 常識って大してアテにならないし、 アテにしてはいけないということ。 そんな話をします …

職場での共同体験が大事なワケ。

先日、「三河湾チャリティー 100km歩け歩け大会」というものに出ました。文字通り100kmを歩く大会です。 毎度、前職の仲間と参加しているこの大会。今回で私はもう3回目の出場なのですが、前2回は途中 …

会議は「異なる視座から新しい視点を獲得する場」である

  先日、出版会議なるものに出席しました。   前職の先輩からお誘いいただいて参加させていただいたわけですが、これは貴重な体験でした。   この会は、「具体的にこのテーマ …

アーカイブ

ソーシャルメディア