長期利益のマーケティング 顧客とよい関係を育むヒント

「一生来店してくれるお客さん」を増やすにはコレしかない。

投稿日:


こんにちは。唐木です。

今日は来店動機やリピートを促進するシンプルな方法についてお話しいたします。


私、この店、好きなんです。


特定のクライアントとの打ち合せの際、大抵、ここを最優先でチョイスしてしまいます。
居心地、料理、店員さん…どれをとっても好みなんですよね。

その結果、昔は「今日はどこに行きますか?」と聞かれていた質問が、今は「ここと〇〇と△△、どこがいいですか?」という質問に変わりました。ほぼ三択です。まぁ、判で押したように毎回同じお店を選びますから当然ですね。

で、この打ち合せに限らず、私の場合は通うお店は固定化されているケースが多いのですが、きっと同じような人は多いはず。


つい、行きたくなって行ってしまうお店。


あなたにもそんなお店がありますよね?
そのお店のこと、ちょっと思い浮かべてほしいのです。
あなたの「つい行きたくなる理由」って何ですか?


ついついまた通っちゃう、
行きたくて行きたくて仕方なくなるような時、
人が性懲りもない行動をくり返す時、
そこには原因があるはず。


もしかしたらそれって、


「行くしかない理由がそこにあるから」じゃないでしょうか。


「山に登るのはそこに山があるからですよ」みたいな理由ですが、単にこれしかない。アホみたいですけど、単にそれだけ。


例えばさっきのお店でいくと、


「樽生地ビールはあと1樽で次のと交換!2種類飲めたらラッキーです」というお店のツイートと、「このお店初の薫製があるらしいです」というクライアントの言葉。



この2つです。


地ビールと薫製。


この2つのうち、
1つが好きな人は行きたくなるでしょうし、
2つとも好きな人は行きたくて行きたくてどうしようもなくなる
わけです。

嫁さんに逆に勘ぐられるような、しなくてもいい言い訳ですらさせてしまう魔力。
これが、「行くしかない理由」です。

行くしかない理由の量と質です。

行くしかない理由が1つよりも2つ、2つよりも3つ、それより多ければ単純にいいと思います。それだけ、行く理由が増えるから。


その理由は、飲食店なら、
料理かもしれないし、
お店の居心地かもしれないし、
料理の中でも「ここでしか食べられないこのメニュー」といった限定的なものかもしれないし、
ものすごくタイプの女性店員がいるからかもしれない。
※なので店員さんのビジュアルもバカにできない要素です


行くしかない理由。 その数を増やし、内容を磨いていくこと。
物語だと面白いプロットを適切に配置していくことでしょうか。
簡単には出来ないことですけど、リピートにはこれしかないです。



-長期利益のマーケティング, 顧客とよい関係を育むヒント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

よい売れ方をするコピーの紡ぎ方。

こんにちは。唐木です。 様々な業種の店舗での マーケティング支援をさせてもらうと つくづく「やっぱりそうだよなぁ」と 思うことがあります。 それは、 本当にいいコピーは 現場の人にしか書けない という …

売上と居心地のバランスをとる。

こんにちは。唐木です。 お店って、 ちょっとした変化で また行きたくもなるし、 もう行きたくなくなる。 その両方の可能性があります。 先日、 カフェで仕事をしていましたが、 ここが結構いいんです。 こ …

加齢臭が漂う方法を採用してみる。

こんにちは。唐木です。 先日お誘いいただいたセミナーに出ましたところ、こんなお話を聞いたのです。大雑把にざっくりと(同じ意味ですが)、まとめてみたいと思います。 私の解釈では、「人脈ってのはやっぱり大 …

使い古された販促手法シリーズ【戸別訪問】

  こんにちは。唐木です。   この玉手箱連載や私のブログ(唐木芳和のココだけの話)などでもよく言っていることがいくつかありまして、その1つに、「使い古された販促手法の方が効果的な …

ポートフォリオ発想。

こんにちは。唐木です。 いや〜、この記事、面白かった。 まずはちょっと見てみて下さい。 ひとり出版社「岩田書院」 知の容れ物を作り続ける 岩田さんは出版社を立ち上げ21年目。 ずっと1人で切り盛りされ …

アーカイブ

ソーシャルメディア