組織論・チーム論的なもの チームづくりのヒント 採用

採用でハズす確率を下げる「物差し」のつくり方

投稿日:


こんにちは。唐木です。

採用って100%正解はないはずなのに、それを求めたがるものだと思います。それだけ大事なイベントだということですね。 だとしたら、成功しようが失敗しようが、後悔しないためにも「採用における自分の物差し」は持っておいた方がよいのではないでしょうか。


先日、関東への出張の際のことです。新幹線が大幅に遅れていました。
今回の原因は沿線火災ですが、前月は大雪で遅れるなど、なかなか当たりくじを引く性分のようです。


今回、私が乗車する予定時刻は8時20分だったのですが、その列車が現れる気配はなく、2時間遅れで出発の6時13分発ののぞみに乗ることにしました。


私は結果的に指定席車両の空席に座れたのでセーフ(よくないかもしれませんが)。


しかし、自由席車両に長蛇の列が出来ていたり、デッキはギュウギュウ詰めで立ちっぱなしの人だらけという、なんとも不思議な光景がみられました。指定席、空いているところあるんですよ。 まぁ、みなさん真面目すぎるのか、よほど立ちたいのか、それとも機転が利かないのか、ですね。


普通に考えて、出発時刻が2時間も経過した車両なんて、車両と指定券がドンピシャのもので該当指定席に座っている人なんてとんどいないはず。だったら、別の車両のものでも指定券を持っていれば、空いている指定席に座ればいいのでは?「そこ、席を取っているので変わってくれませんか?」という人と出会う確率はかなり低いんですから。


こういう普段の行動、とっさに取る行動にこそ、性根が垣間見えます。


もし、私が採用する立場なら、

もし、クライアントの採用面接に参加するなら、


こんな時に呑気に自由席車両に並んでいるような人はかなりのマイナススタート。よほど加点要素がないと採用はないでしょう。 だって、機転が利かないし、行動が遅い可能性があるから。何より、自分の頭で考える能力が欠落している可能性は結構な確率で考えられる。


仕事できる先輩をたくさん見てきましたけど、みんな切り替えが早い。それらの先輩方がこの場面にいたら、間違いなくのんびり自由席車両で並ぶ人なんていません。


もちろん、この仮説、物差しはハズす場合もありますし、単なる思い込みのケースもあります。ですが、 現実に、 その行動を取っているということは、 事実であり、 事実だからこそ原因がある のです。


普段の行動や過去の経歴、顔つきや服装も、思想の蓄積としての「結果」です。目に見えるところはたくさんある。 それらは、すべて「仮説」につながり、結果「物差し」になります。 その1つ1つの仮説と検証=物差しの精度を上げ、数を増やして行けば、総合的な物差しの精度も上がっていきます。


もちろん、先ほどの例でいうと、親切心や気配り等で「あえて座らない」選択肢を選んでいる方もきっといるでしょう。だからこそ、同時に総合的な物差しに捉われすぎないバランス感覚は大事ですけどね。


-組織論・チーム論的なもの, チームづくりのヒント, 採用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラッキーボーイの出現確率を高める方法。

こんにちは。唐木です。 ウチには生後3ヶ月ちょっとの赤子がおりますが、その赤子をたいそう可愛がる妻を見ながら、ふと、こんなことを思い出しました。昔、内田樹さんのブログの内容を紹介していたブログ(二次情 …

他人が理解出来ない人のための「少しでも他人を理解するヒント」。

こんにちは。唐木です。 たぶん、他のコンサルに比べて結構重んじていることの1つに、「個別の理解」があります。これは会社そのものの理解でもありますし、そこで働く人1人1人をなるべく理解するということでも …

制約はかければかけるほど創造的になる

目次1 なんだかよくわからない子ども遊びから得た「ヒント」2 アイデアを出す、創造力を上げるには「制約」を自ら課すこと なんだかよくわからない子ども遊びから得た「ヒント」   こんにちは。唐 …

割と高い確率で「これが会社の分岐点」だと思うことについて

  こんにちは。唐木です。   今日は変なことを書きます。   何が変かというと、受け取る人によっては何もピンと来ないかもしれませんし、なんとなくだけど確信できるかもしれ …

夏の高校野球の時期になると真面目に思う「指導者のクオリティ」について。

こんにちは。唐木です。 そろそろ甲子園での本戦が始まる夏の高校野球。この雨ですから間違いなく今日は中止だろうなと思っていたところ、台風の影響もあり、さっそく2日間の順延が決まったようです。 さて、この …

アーカイブ

ソーシャルメディア