人事・労務の玉手箱掲載原稿 組織論・チーム論的なもの チームづくりのヒント 2015年度掲載

会議は「異なる視座から新しい視点を獲得する場」である

投稿日:2015年4月5日 更新日:

 

先日、出版会議なるものに出席しました。

 

前職の先輩からお誘いいただいて参加させていただいたわけですが、これは貴重な体験でした。

 

この会は、「具体的にこのテーマで本を出したい!」という人から、「いつか本を出せたらいいなぁ」という人までが集まり、それぞれの段階での発表をします。その発表に対してのフィードバックがあり、中には出版に向けて具体的な話に進む方も出てきます。そんな会議です。

 

私は事前にアイデアは用意していたのですが、「なんかしっくりこないなぁ」と、違和感がありました。そのため、「今回は参加だけ」と思っていましたが、他の方の発表やフィードバックを聞いたりしているうちに、「あ、自分にしか言えないことって、意外とこれじゃないか?」と思える瞬間に出くわしました。

 

まさしく「新しい視点を得た瞬間」です。

 

この会の中で編集者の方が「私たちは、出版セミナーではなく、会議であることにこだわります」と仰っていました。
ノウハウやマーケットの切り方、コピーライティングなど、売るためだけの本のセオリーを一方的に伝えるのではなく、「その人だからこそ言えること」で、「市場がある、ないし開拓出来うるもの」を、双方向のやりとりの中で引き出していく。そのスタイルだからこそ、出版「会議」と呼んでいるわけです。

 

これ、「会議の正しいあり方」ではないでしょうか?

 

異なる視座からのフィードバックにより、新しい視点を獲得できる。

 

自ら視点を変えることはそこまで難しくないかもしれません。しかし、視座を変えることは頭でわかっていても難しい。視点とは「どこを見るか」で、視座とは「どこから見るか」です。つまり、誰しも自分のことを、立場を置き換えて客観的に見ることは非常に難しいということ。

 

よくある「ダメな会議の特徴」は、時間も守らずただなんとなく集まっていたり、ただの吊るし上げるだけの場だったりします。それでは意見もフィードバックも生まれない。

 

もし、あなたが「ウチの会議はなんかみんな意見も出さないしイマイチ雰囲気悪いんだよね〜」なんて思うのであれば、そのあなたの保身のためのチンケなプライドから捨てましょう。それが一番邪魔です。

 

会議の雰囲気が悪い、生産性がないものであれば、その会議の目的とあり方からもう一度考えてみませんか?

 

-人事・労務の玉手箱掲載原稿, 組織論・チーム論的なもの, チームづくりのヒント, 2015年度掲載

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タブーが答えのこともある。

こんにちは。唐木です。 松坂大輔が、いい。 いい、とは、ちゃんと結果が出ている。 そういうことです。 今月16日、メジャー昇格を果たし、 19、20日の2試合連続のリリーフ起用、 見事、2試合とも無失 …

相手ではなく、ビジョンに向き合おう。

こんにちは。唐木です。 先日、友人にお誘いいただき、 カブキ竜平さんの講演会に伺いました。 高校生からの哲学 般若心経に学ぶ という本を執筆されていて、 長年教育の分野で尽力されてきた方です。 この日 …

採用でハズす確率を下げる「物差し」のつくり方

こんにちは。唐木です。 採用って100%正解はないはずなのに、それを求めたがるものだと思います。それだけ大事なイベントだということですね。 だとしたら、成功しようが失敗しようが、後悔しないためにも「採 …

制約はかければかけるほど創造的になる

目次1 なんだかよくわからない子ども遊びから得た「ヒント」2 アイデアを出す、創造力を上げるには「制約」を自ら課すこと なんだかよくわからない子ども遊びから得た「ヒント」   こんにちは。唐 …

ビジネスにおける「仕組み化」の定義って何か考えてみた。

なんとなくわかっているようでわかっていない言葉ってありますよね? 「仕組み化」という言葉も、そんな言葉の中の1つではないでしょうか。今回はこんなエピソードをもとに、「仕組み化」という言葉に少し触れてみ …

アーカイブ

ソーシャルメディア