長期利益のマーケティング ベースとなる考え方

小さな流入経路の蓄積こそ、後で効いてくる

投稿日:2015年4月9日 更新日:

 

こんにちは。唐木です。

 

先日、クライアント先のWEBサポートスタッフさんとやりとりしていた時、こんな話が出ました。

 

「ときに売上に貢献したりしてます。」

 

何の話かというと、以前仕込んだあるサービスから、問合せや受注にちょくちょくつながって来ているという話です。あるサービスといっても特別なものではありません。顧客対応をよりしっかり出来るよう、専用のメール相談窓口をつくっただけです。

でも、つくった当初はそこまで期待していなかった。そんなにインパクトの大きい策ではないからです。このサービスを用意することで「大きく〇〇が変わった!」という大きな変化が期待できるものではないからです。

ですから、これはサービスの内容云々の話をしているのではありません。

 

大事なのは、「小さな流入経路をつくっている」ことなのです。

 

以前、こんなエントリーを書きました。

 

そこではコンテンツSEO という、私なりの解釈ですと「ユーザーが求める適切なコンテンツ(=良質コンテンツ)をつくり、提供することで行う自然なSEO対策」ということ。

要は真面目にコツコツ、記事などの「顧客に役立つ、価値のある情報」を提供しようということです。そうやってアクセス数をコツコツ増やして行く。

たとえ取り上げるテーマの市場は小さくとも、1つ1つ増やして行く、積上げて行く。

 

先ほどの「仕込んだ小さなサービス」はこの大切さを教えてくれます。

 

かのドラッカーもこのような主旨のことを言っています。

イノベーションの第一の機会は「予期せぬ成功」である。
「予期せぬこと」「期待していなかったこと」は、すべて徹底的に調べよ。

ドラッカー入門 新版—未来を見通す力を手にするためにより筆者加筆修正

 

もちろん、伸びているものを伸ばす、構成比の大きい部分を伸ばしていくのが効率もよく、インパクトが大きいのは確かです。

 

しかし、たとえ成果は小さく地味なものであっても、予期していなかった成果、期待していなかった成果、ちょっとした違和感のある成果にも目を向けて見るべきだと思います。そういったものはたいていの場合、無視しがちですから。

 

たいていの会社でも、「創業当初は思いもしなかったサービスが今ヒットしている」なんてことは山ほどあるはず。そういうものも、見過ごしたり、なかったことにしたりすることはできたはず。そうしなかったから「今のヒット商品がある」のです。

 

話はそれましたが、とにかく、小さな流入経路をつくる、そしてそれを積上げる。この蓄積は、後で相当に効いてくるように思います。

-長期利益のマーケティング, ベースとなる考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自社メディア次第で「小が大を制せる」時代。

小が大を制せる時代。 制するというよりも、より「弱者の兵法」が使いやすくなった時代。 資本に頼らないやり方に目を向ければ、活路は見えやすくなってきている。最近のFacebookをはじめとするSNSやY …

便利さに乗っかって消えて行くもの③

こんにちは。唐木です。 またまた先日のエントリーに引き続き、 便利さに乗っかって消えて行くものを 取り上げてみたいと思います。 それは、「手売り」です。 これも アナログ集客の1つになりますから、 分 …

ポートフォリオ発想。

こんにちは。唐木です。 いや〜、この記事、面白かった。 まずはちょっと見てみて下さい。 ひとり出版社「岩田書院」 知の容れ物を作り続ける 岩田さんは出版社を立ち上げ21年目。 ずっと1人で切り盛りされ …

情報発信における大事だけど見落としがちな3つのポイント。

今日は情報発信のお話です。 情報発信。クライアントにはこの大事さをお伝えしていますが、情報発信の工夫をするだけで売上が大きく変わってきます。実際、中古車を販売しているクライアントでは、情報発信の工夫に …

「らしさ」伝わってます?

こんにちは。唐木です。 まずはこの画像を見てほしいと思います。 ↑この一番上のところ↑   これ、読み方わかります? 調べてみると「しただい」ないし「ぜつだい」と 読むそうです。 意味はメニ …

アーカイブ

ソーシャルメディア