メルマガバックナンバー

その文章って誰が書いていますか?

投稿日:

◆メルマガvol.12(150708配信)

 

こんにちは。唐木です。

 

昨日は、
「相手とは常に認識が違う
前提に立つことが必要」
という話をしました。

 

それが、相手を理解し、
相手と自分の認識の差分を埋める第一歩
になるからです。

 

で、今日はその続きです。

 


仕事柄、ライティングも請け負います。

WEBサイト
チラシ
DM
FAXDM
会社案内
ニュースレター
Facebook等SNS
ブログ等。

 

キャッチコピーから本文まで、
ライティングが必要な箇所は非常に多く、
故に代行する機会も多くあります。

 

そんな時も
「相手とは常に認識が違う前提に立つ」
ことは必要で、それによって

 

【行間】からにじみでるパワーが変わり、
得られる【結果】も変わるからです。

 


じゃあ、
一体何をしているのかというと、
先方に手を加えてもらう、ないし、
自分の言葉に【翻訳】してもらうことを
大事にしています。

 

そりゃあもちろん、
こちらの書いたコピーが
そのまま採用され、
双方が求める結果が得られる。

 

それが一番効率もよく、
プロとして仕事を完遂出来ている
ことになるでしょう。
それをしない(できない)のは
単にこちらの力量不足とも言えます。
ただの“逃げ”かもしれません。

 

しかし、それでも必ず、
こちらの書いた文章は確認してもらい、
補足、修正、翻訳をしてもらいます。

 

なぜか?

行間からにじみ出るパワーが違う

からです。

 

おそらく、
現場の人の方が顧客に寄り添えるし、
選ぶキーワードも違います。
顧客の「心のひだ」に入り込む言葉は
現場の人方が選択出来ます。

 

モノクロのTVが
鮮やかなカラーTVに変わるように、
水を得た魚のように、
文に命が宿るような感覚です。
文の上手い下手は関係ありません。
むしろ、キレイにまとまらない方が
いいこともたくさんあります。

 

ですから、こちらは
採用されるように文章を書きながらも
それは同時に下書きでもある。
そんな感覚を忘れないようにしています。

 

「相手とは常に認識が違う前提に立つ」
ということは、
販促物のライティングでも大事なことだと
書いていて再認識しますね。

 

◆編集後記(150801)

今、有楽町のスタバでこの文章を打っています。

 

新宿で歩き、電車に乗り、日比谷駅からここまで歩いて来ましたが、その間に目に触れる「コピー」ってたくさんあります。看板やメニューブック、電車の吊り広告などなど、たくさん。

 

その中で目に留まるものって、

企画自体が珍しいもの(ないし意識にひっかかっているもの)か、
なぜか惹かれるもの(コピーやデザインの上手い下手は関係なく)の

どちらかのような気がしました。

 

もちろん、「目に留まる要因」というのは、これ以上にもう少しあるでしょう。企画自体が珍しいものも、「あぁ、こんなサービスあるんだ」といった具合に気になります。

 

しかし、

 

何ら変哲のない商品、サービス、企画でもなく、
特別にすごいコピーでも奇をてらったようなコピーでもない。

 

そこそこ凡庸ともいえる商品を、率直に語っている。

 

それだけなのに、なぜか目が惹かれるものがあります。

 

それって、きっと行間に想いやら、ここまでのプロセスやら、可視化されていないエネルギーが詰まっているように思います。

 

「そんなの証拠あるんかい?」

 

なんて言われそうですが、別にありません。見えませんし、その行間の部分を聞いているわけではありませんから。

ただ、考えてみて下さい。

今、あたりを見回してみて「目に見えるもの」と「目に見えないもの」のどちらの体積が大きいですか?そりゃ後者です。空気1つとっても大半が見えませんから。

 

その辺の行間に込められたエネルギー。

その差はきっと「あると思います。」

-メルマガバックナンバー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【コミュ障】をなおすシンプルな1つのルールと3つの方法

目次1 ◆メルマガvol.11(150707配信)2 ◆編集後記(150731) ◆メルマガvol.11(150707配信)   こんにちは。唐木です。   昨日のメルマガで、あり …

熱が出ました。

目次1 ◆メルマガvo.1(150627配信)2 ◆追記(150721) ◆メルマガvo.1(150627配信) こんにちは。唐木です。   昨日は丸一日、熱で寝込んでいました。 &nbsp …

【これぞ!】なイベントには参加した方がいい件

目次1 ◆メルマガvol.8(150704配信)2 ◆編集後記(150728) ◆メルマガvol.8(150704配信)   こんにちは。唐木です。   先月からとある連続講座に参 …

これ、何気によい発明では?

目次1 ◆メルマガvol.4(150630配信)2 ◆編集後記(150724) ◆メルマガvol.4(150630配信)   これ、何気にすごい発明ではないでしょうか?   こんに …

ノウハウのコレクト=〇〇〇〇力

目次1 ◆メルマガvol.6(150702配信)2 ◆編集後記(150726) ◆メルマガvol.6(150702配信)   こんにちは。唐木です。   「ノウハウコレクター」 & …

アーカイブ

ソーシャルメディア