「 長期利益のマーケティング 」 一覧

立地は大事だからこそ、その前に「そもそも論」を考える

こんにちは。唐木です。   実店舗を構えての商売では、特に「立地」は今でも大事な差別化要素です。   もちろん、少し前から話題のブルーボトルコーヒーが一号店を清澄白河に出すなど、立 …

時には「書」を捨て、「街」に出よう。そして自分の頭で感じよう、考えよう。

体験は何より重要な情報源 こんにちは。唐木です。   先日、久々に都内をゆっくりと歩く機会がありました。お客さんとの待ち合わせまでに中途半端に時間があったので、「一駅分歩いてみるか」と思いつ …

小さな流入経路の蓄積こそ、後で効いてくる

  こんにちは。唐木です。   先日、クライアント先のWEBサポートスタッフさんとやりとりしていた時、こんな話が出ました。   「ときに売上に貢献したりしてます。」 &n …

よい商品を持つ会社にはよい流れに —「コンテンツSEO」

  そもそもの検索エンジンの役割って?   こんにちは。唐木です。   コンテンツSEOという言葉がありますが、これはすでに“一般的なもの”になったのではないかと思います …

付加価値発想ではなく、物の見方を変えさせる発想で。

  ・付加価値という言葉のマジック こんにちは。唐木です。 お客さんにとっての自社の商品は、その価格に関わらず、価値が高い方がいいわけです。その方がより多くの人に求められますし、価格を上げる …

使い古された販促手法シリーズ【戸別訪問】

  こんにちは。唐木です。   この玉手箱連載や私のブログ(唐木芳和のココだけの話)などでもよく言っていることがいくつかありまして、その1つに、「使い古された販促手法の方が効果的な …

連載依頼が絶えない人がやっているシンプルな1つの習慣

こんにちは。唐木です。 なんだかんだいって“スピード感”を持って取りかかることは大切なことだと思います。 最近、私も社会人10年目を超え、ようやく時間管理がまともに出来るようになって来たという何とも手 …

利益が低けりゃ壁ドンでもしてみたらどうだ。

こんにちは。唐木です。 企業でも個人でもどっちでもいいんですけど、扱っている商品の利益が軒並み低いということ、ありませんか?もしそうだとしたら、今日の話はバカバカしいかもしれませんが、役に立つ話かもし …

「一生来店してくれるお客さん」を増やすにはコレしかない。

こんにちは。唐木です。 今日は来店動機やリピートを促進するシンプルな方法についてお話しいたします。 私、この店、好きなんです。 特定のクライアントとの打ち合せの際、大抵、ここを最優先でチョイスしてしま …

看板という使い古された感のある販促こそ、効果が高い可能性がある

こんにちは。唐木です。 先日、3歳の娘と8ヶ月の息子を連れて大阪城公園に行くとこんなイベントが行われていました。 出典:侍ミュージアムサイトより 侍ミュージアムというものらしく、侍JAPANしか想像出 …

やっぱり販促しないことはかなりの機会損失な件

あなたが持っている、あなたの会社の大切な商品の数々。 きっといいものに違いないんでしょうけど、そのよさを伝えないことは、やっぱり機会損失なわけです。つまり、人によって会社によって、形は違えど販促は必要 …

わかりやすく説明しているはずなのに売れない時に見直すこと。

絵本や伝記、小説、漫画、映画などなど……。 私たちが子供の頃から慣れ親しんでいる読み物や映像に共通するのは「物語」です。そんな慣れ親しんだ「物語」は、普遍的な存在です。普遍的なものだからこそ、時にはハ …

小さい会社のための「利益を生み出すポートフォリオ発想」。

性格からビジネスモデルをつくる。社員の能力と仕事を結びつけ、その結果として業績を伸ばすことですが、ここ2回は「人の成長」に焦点を当てたコラムをお届けしました。そこで今回は、「会社のビジネスモデルそのも …

操作主義なマーケティングはやればやるほど自滅な件

こんにちは。唐木です。 むかーし、専門学校のコンサルティングをしていた時、歩留り率(成約率)を上げる方法がありまして、それを一言で言うと「順番」でした。 オープンキャンパスという舞台で、体験、集合、個 …

提案や営業を売り込みと思っちゃう人のための「おせっかい見積り」。

こんにちは。唐木です。 まずは余談から。 「大阪のおばちゃん」と聞くと、どんなイメージが浮かびます? ・ 必要以上におせっかい ・ ずーっとしゃべっていてうるさい ・とにかくしゃべりかける ・ いつも …

マーケティングアレルギーな人に読んでほしいエントリー。

こんにちは。唐木です。 コンサルティングという生業上、「マーケティング」をよく手段として使います。この「マーケティング」という言葉って「何となくわかって何となく使えて何となく通じた風になる言葉」の代表 …

加齢臭が漂う方法を採用してみる。

こんにちは。唐木です。 先日お誘いいただいたセミナーに出ましたところ、こんなお話を聞いたのです。大雑把にざっくりと(同じ意味ですが)、まとめてみたいと思います。 私の解釈では、「人脈ってのはやっぱり大 …

八方美人な自分にお困りの方へ

こんにちは。唐木です。 1日1人に嫌われろ。 むかーし、アメリカの有名なマーケッターらしいダン・ケネディが言った言葉のようで、結構この言葉って覚えているんですよね。ただ、言葉の定義ってすべての人でその …

お願いをしていい人、ダメな人。

こんにちは。唐木です。 先日、クライアントとやりとりをしていたとき、こんな質問をしました。 「Facebookページのファン数が一気に増えているんですけど、見たところ広告ではないようですが、どうされた …

顧客管理が、売上やリピートや購入点数だけで貢献度をはかるだけで捉えちゃうと、いかがなもんかな。

こんにちは。唐木です。 コメダ珈琲っていいですね。 はじめて行きましたけど、近くにあったらリピートします。パンもコーヒーもサイズが大きめでいいし、席間もそれなりにとってあるから落ち着いて食べられます。 …

スタンドの売り子さんの売上の差って、たぶんその差はちょっとしたところにある。

こんにちは。唐木です。 昨日は、昔のクライアントから電話があったり、東京の友人が大阪の、しかも結構近所に引っ越すお知らせが来たり、酒井さんの勉強会でたまたま知り合った山口さんにブロックをはずしてもらっ …

なぜ、あの店はつまらないのか?

こんにちは。唐木です。 昨日はココでお仕事。 スタンダードブックストア心斎橋店です。 ココ、好きなんですよね。 「本屋ですが、ベストセラーは置いてません。」 なんてコンセプトで、一般の書店とは違うセレ …

面倒くさい自分を意識する。

こんにちは。唐木です。 以前、通販で靴を購入したとき、 こんな手紙が同梱されていました。 こういうの、地味にうれしいんです。 私も人の子ですから。 同梱って 一手間なんですけど、 基本、タダなんですよ …

自社メディア次第で「小が大を制せる」時代。

小が大を制せる時代。 制するというよりも、より「弱者の兵法」が使いやすくなった時代。 資本に頼らないやり方に目を向ければ、活路は見えやすくなってきている。最近のFacebookをはじめとするSNSやY …

売上と居心地のバランスをとる。

こんにちは。唐木です。 お店って、 ちょっとした変化で また行きたくもなるし、 もう行きたくなくなる。 その両方の可能性があります。 先日、 カフェで仕事をしていましたが、 ここが結構いいんです。 こ …

物語の一部に関わると応援したくなる。だから、手売りはエキサイティング。

こんにちは。唐木です。 以前のエントリーでも書いたのだが、 やっぱり手売りはエキサイティング。 改めて痛感する次第だ。 西野さんの独演会チケット、 直接買ってみることで そのエキサイティングを体感した …

数値化、見える化は1つの発明である。

こんにちは。唐木です。 見えるようにするって、 それだけで大きな価値があります。 ▼結構前に流行った(?)言葉でいうと、 「見える化」とでもいうのでしょうか。 見える化の対象はいろいろあります。 たと …

市場がなくなりそうなものほど、残しておこう。

こんにちは。唐木です。 子どもと公園に一緒に行くと、 しばしばこのような商売を見かけます。 アイスキャンデーを売っている人、 たこせんなどの駄菓子を売っている人、 紙芝居をやっている人。 いるんですよ …

ポートフォリオ発想。

こんにちは。唐木です。 いや〜、この記事、面白かった。 まずはちょっと見てみて下さい。 ひとり出版社「岩田書院」 知の容れ物を作り続ける 岩田さんは出版社を立ち上げ21年目。 ずっと1人で切り盛りされ …

便利さに乗っかって消えて行くもの③

こんにちは。唐木です。 またまた先日のエントリーに引き続き、 便利さに乗っかって消えて行くものを 取り上げてみたいと思います。 それは、「手売り」です。 これも アナログ集客の1つになりますから、 分 …

アーカイブ

ソーシャルメディア